スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】(前)【更新】

こんばんは!
インフルエンザの注射をしてきました。
これで今年は罹らないはず。

というわけで、小話更新です。
前後篇の2回に分けて、更新します^^♪
内容が濃いとかそういうわけではなく、単なる気分転換の意味合いを込めてなので、
どちらも掲載したら、あとでまとめて1本にしたいな~。

↓↓よろしければどうぞ!↓↓

【(前)】

時は初冬、場所は黒蝶堂からほど近いアーケードを抜けた大通りで、道沿いに歩いていた二人が足を止めている。
彼らの目先には、片側二車線で行き交う車が流れている。一様のスピードを保ち、行進の隊列を崩すことなく風を切っていくがため、彼らが通る度、冷たい風が頬を触って、全身が冷やされる。

足を止めた原因は、道路の中央分離対付近に落ちている物体で。その正体は、大きな「元」ホウキと言ったとろか。
それは柄の部分で真っ二つに折れ、穂先はぼろぼろに痛んでいた。

通りかかった黒蝶堂の二人は、本の配達に出た帰り道であった。なぜか、側面――目の高さ程の位置が大きく凹んだ電柱がすぐ真横に立っており、更に物騒なことに、電柱の突き刺さっている地面には数滴の血痕が落ちているのであるが。
それらに気を取られながらも、白い彼が白い息を吐きながら言葉を吐く。

「魔女さんが事故ったのですかね?」

この電柱にどーん!とぶつかって、遠くに吹っ飛んだんですよと、身振り手振りを交えながら、曇りのない瞳で告げる。

「二十歳を越えたやつの台詞か!?」

隣に立つ青年・はちが鋭く指摘する。
しかし、彼は自信の満ちた表情のまま、

「だってホウキですよ?間違いないと思います!」

周囲を歩く人間が振り返って目視するほどに、元気よく答えた。



あっちをふらふら、こっちをふらふら。

はちの隣人は、道沿いの店や公園を覗いては、目を爛々と輝かせ、感嘆の声を上げ、ふらりふらりと足先を変える。好奇心がゆえに、不安定な歩きを見せている彼に、はちはいつものことながらも仕方なく気をやり、時に店の前で待ち、時に首根っこを掴みながら、帰路を進む。

――こいつのペースに合わせていたら、陽が暮れる・・・どころか、明日になっちまう。

実際に、彼のペースに巻き込まれ、朝日を拝んだことがいくどもあるはちは、引きずられたときの記憶を、その時の疲労ごと思い出し、眉間の皺を更に一線増やした。

しろが店に入っては出、出ては入りを繰り返し始めていくばくか。

「・・・いい加減にしたらどうだ。買う金だってねぇんだし、お前の行動は非生産的だ。」

と、ふわふわと揺れる白い後ろ頭に向かってはちが切り出そうとした時のこと。

ハタとしろの足が止まり、危うくその後頭部にぶつかりそうになった。

「・・・なんなんだよ、急に。」

はちを振り返る青い目の主は、「あれ、なんですかね」と指さした。
「あ?どれだよ」と、眼鏡のレンズ越しに目を細めれば、彼の肩越しに見える風景の、自転車二台が併走できる程度の道幅一杯に、黒い物体が広がっていた。

「・・・なんだありゃ、ゴミか?」

はちの脳内に、一昔前まで使われていた黒いゴミ袋が想起される。しばらく見ないが、あれは使用中止になったんだったっけか。確か、中身が見える方がいいとかなんとか。

はちはその理由を、隣人に尋ねようとした。
が、しろの姿は忽然と消えていて。

「だ、大丈夫ですか!?」

「お前の頭が大丈夫か!」

慌てて駆けだしたところで、彼には追いつけなかった。
目にも止まらぬ瞬発力を見せたしろに、遅れて走り出したはちは息切れしながらも、間髪いれずツッこみをいれる。その理由は簡単で、道端のゴミ袋を抱え上げ、声を掛けながら上下に揺らす彼の姿は滑稽で、少々狂気じみたものを感じたからだ。周囲からの視線が突き刺さるようで、酸素が薄くなったがごとくに息苦しい。彼の腕から黒い物体を引きはがそうとしたそのとき。

はちは、目を剥いた。

それが、ゴミ袋でないことに気づいたからではない。
それが、黒装束に身を包んだ丸眼鏡の女性であったからだ。
と、長い睫がふるふるとふるえ始め、開かれた瞼から覗く黒目が焦点を結んだ。

「きみたち」

彼女はむくりと起き上がるやいなや、
黒く、大きな三角帽からのぞく瞳を、両者に向けた。

「・・・な、なんすか?」

「私のすいっちゃんを見なかった?」

額に切り傷が走り、そこから垂れ流され続けている血は割れた眼鏡を汚している。彼女は生気のない青い顔に栄えた、血の滲む唇を拭った。

傍らには、不気味な装飾が施された長い杖のようなものが落ちていた。

【続】


後編に続きます。
完結したら、タイトルも公開しようかな~と。


お付き合いくださりありがとうございましたv


スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

自分くらい、自分を好きでいてもいいじゃないか。

タイトルは日々思う事の一つ。
文字にすると一見、ナルシストっぽいですが、断じて違って。

一つの体験から学ぶ事は多い。そこでくよくよと悩むか、早々に次へと向かうかは、自分次第。
だからこそ自分を顧みて、反省するとこは反省して、さぁ行こうとケリをつけていくのが最善かなと。

それと、落ち着いて行動すること。
焦っていいことなんて一つもないんだと、強く強く実感しまして(汗)

先に進む時、足元が散らかっていたら絡まってこけてしまいます。
だからこそ、整理整頓はいつでも必要だなと。

落ち着いて行動できる人間になりたいなぁーと。
沈黙は金とは、よく言ったものです。


おそろしく、まじめに考えました(笑)
さて、明日からも頑張るぞ!

私は、話を作っていきたい。
ただそれだけの為に、毎日を過ごしていると言っても、過言ではない…かもしれません。
そのための犠牲なんて、自分の事ならいくらでも払ってやってもいい覚悟でございます。

とかね。
例えば、他人からの信頼を失ったりとか、自尊心を傷つけられたりとかしても、極論すればどうでもいいのです。
大げさかもしれませんが、あながち間違いではないな、と。

さて。

今日の更新は、ここからが本番で←
時間切れ気味に描きました落書きです。

はちとゆり

ゆりとはち。
前回しろでしたので、今回は残りのお二方。
時間があれば色を置きたいけども…ぐぬぬ。
ゆりの読む本のタイトルを聞いては、なんじゃそりゃとツッコミをいれるはち。
小難しい物から絶版物、かたっ苦しい古典からなんでも、彼女は読んでいるようです。

身近に風邪ひきさんがでました。
寒くなってきた最近です。皆様も体調管理に気をつけてください♪

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

来週は祝日があるぜやっふい!

しろいろつき

しろ:「つまり、こういう事なんですね!」

彼が良くする、所謂お決まりポーズ。
うんうんと言いながら話を聞いてくれるのですが。
彼の要約はあさっての方向を向いている事が多く。
わかっているようで、てんで理解していない(しようとはしている)彼の性質は能天気と言うか、お気楽と言うか、人の話を聞かないと言うか。

本人はいたって真面目(のつもり)みたいなんですけども。困った子です。
悪気はないから、たちが悪いのかもしれませぬ(笑)

しっかし、このイラスト…
いつかの夜中に描いたような気が(曖昧)
眠かったはずなのに、気づいたら色も塗ってたような気が(あやふや)
いつにも増して雑な仕上がりですが(苦笑)
とりま、上げておきます。

気を取り直して、こんばんは!
この週末は割と忙しかった秋雨です。
今日の昼からは本を読んだり、買い物に行ったり運動したりして。
ぼやーっと過ごすことができました。

ブログめぐりもちょこっと。最近は写真を撮ってupしている方のブログを見ることが増え。
動物の写真を見たり、風景写真を見たりしては癒されています。いいですね、写真。
特にハムスターよく見てます。可愛いなぁ!
猫も好きですv

☆★☆

朝起きた時、顔を触るととても冷たいです。
部屋の温度もぐぐっと下がっていて、水道水の方がぬるく感じる時もあります。

うひゃぁ寒い時期がやってきた!そう思います。

11月ももう半分を過ぎているから当然なのでしょうけども。
センセンキョウキョウならぬガクガクブルブルしながら、毎日を過ごしてます。寒いのは嫌だなー。
でもアンカ(布団にいれるあれ)は使いません。湯たんぽも使いません。
なんでかは分からないですが、使う習慣が無いのです。

では今日はこの辺で!

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

【小話】嗜好×思考=矛盾?【更新】

≪小話更新≫
読み切りです!お時間ある方はどうぞお付き合いください^^♪


【嗜好×思考=矛盾?】

冷たい風が肌をなぜる黒蝶堂屋上にて。

「音もなく忍び寄ってくんなって言ってんだろうが!」

静けさに包まれた空間を切り裂く、悲鳴にも似た叫び声が響いた。

「貴方がすぐ五感に頼ろうとするから。」

着古したジャージを着、土を鉢の底に敷き詰めていたはちの向かいで、いつの間にか椅子に座っていた彼女は平然と答える。
屋上へと続く古びた扉が開き、閉じる際の軋む音すら、彼女は必要としない。

彼女曰く、「私は黒蝶堂の憑者だから」だそうで。

「・・・第六感なんて都市伝説だ。」

そんな存在すら信じていない彼は、戯れ言宣う彼女へ深い深いため息をついた。

「18回目。」

「なにがだよ。」

応えない彼女・ゆりに、はちはもう一息。
すると、

「19回目。対前日比で12回の増ね。」

彼女はじっと、はちの目を見た。
しばしの沈黙、そして。

「・・・こいつを買った時のことなんだが。」

屈服というか、観念というか。
彼女の気迫に押され、はちはしぶしぶ白状し始めた。



それは先日、夕暮れ時のこと。
タグのついた商品をビニール袋に下げ、帰路についていた頃合い。
店を出たところで偶然すれ違った女学生がいた。顔見知りではない。彼女が、隣の友人に笑いかけたのが背後からの気配でわかった。

「見た?イチゴ育てるのかな?可愛いよね!」

タグには絵本に出てくるかのような、ファンシーなイチゴのイラストが描かれていた。



「・・・食いもんが可愛いって、どういう意味なんだ?」

苗を置き、土をかぶせ、花の咲く位置のあたりをつけながら、茎の場所を調整する。
ここはよく陽が当たるから、きっと大きく育つだろう。
鉢を柵にかければ、尚良いだろうと、植木鉢に専用の縄をくくりつける。

「百歩譲って可愛いとしてもよ、それを食うんだろ。可愛いもんは愛されるって前提だと考えりゃ、捕食って行動は矛盾してねぇか?」

はちは続ける。

「あの店、行きづらくなったな。やすくて結構気に入ってたんだが・・・仕方ねぇか。」

そこでふぅと息を吐き、彼女を見る。
無表情の彼女の、黒目がちの瞳はまばたき一つせず、はちの言葉を待っているようである。
居たたまれなくなったはちは、話を区切り、

「・・・俺が一人愚痴ってるみたいじゃねぇか。」

両手の軍手の口部分を引き上げ、続けざまに膝小僧の土を払った。
すると、彼女は少々の間を置き、静かな声音で告げた。

「貴方、菜園のことになると、途端に饒舌になるわね。」

はちはスコップを握り直す手を止めた。
そして、

「・・・気のせいだろ。」

ばつが悪そうに、視線を青い空へと逸らした。
彼女はふわりと椅子から降り、彼に問う。

「貴方は、自分の作物を愛していないとでも?」

「まさか。」

「なら貴方も、彼女たちと一緒よ。」

はちは腕を組み、首をひねる。
違うんじゃねぇの?いや、先ほどの前提にそぐわせれば、自分も食べ物を可愛いと思っている節があるのか?それは人間に対するそれと同じ慈愛の感情なのか?そんなまさか!だがしかし・・・?

一人思索の海におぼれる彼へ、彼女は一枚のチラシを投げた。
海から這い上がり、宙を舞うそれを慌てて掴む。
紙面にはきらきらと輝くかのような派手な広告が広がり、どうやら新しいレストランの企業広告のようである。
彼女の白い指が、一点を指す。

「いちごとちょこれぇとの漬け物。」

それは、真ん中に鎮座する大きなチョコレートの滝であった。
チョコレートは彼女の好物であり、時折食べている姿をはちも目撃する程である。

「・・・チョコレートフォンデュって書いてんだろうが。」

「漬け」といえば、「漬け」物だが。
はちはうぬぬと腕を組む。
その表現は誤解を与えるんじゃねぇのかと、言外に伝えようとする。
が、カタカナ用語に滅法弱い彼女は応えずに

「来春、楽しみにしてるわ。」

くすりと口元だけで笑い、屋上を後にした。
はちは頬を掻き、眼鏡を押し上げた。仕方ねぇなと呟きながら。

「…胸やけするくらい、食わせてやるよ。」

再び先の店に行く算段を、脳内で計算し始めた。

【完】


≪あとがき≫

一般家庭でイチゴを育て始めるには、今の時期がぎりぎりと言ったところでしょうか。
虫さんが付いてくるので、簡単に栽培できるとはいえ、注意が必要です。
市販のものだと2万円(一粒)くらいの贅沢イチゴもあるみたいで…いったいどんな味がするのでしょう。

お付き合いいただき、ありがとうございました!


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

冥土の土産売り場はこちらです。

ぼたーん

牡丹@仕事中イン冥土道中(真面目)

「お前たち、道を誤ると奈落の底に落ちるんだぞ!」

歩くのが面倒な方には、胡瓜と茄子の車あります。
スピードにはかなりの違い。お急ぎの方は、前者をオススメ。

黒蝶堂のある遥光の街へは、彼女が直々に案内いたしますのでしばしお待ちください。
深見ヶ原墓地経由になりますが、それでもよろしければ。

お盆やら正月やらの時は特に、道に迷う輩が多すぎて、彼女は多忙を極めるようです。
…水先案内人がこんなに血色がよくていいのかしらとふと疑問に。

☆★☆

こんばんは!
朝、いきなり寒くなって奇声をあげてしまいました。寒いいいい!
昼間が寒いのは、冬の到来を感じます。ほくほくの南瓜が食べたい。あと、鍋も食べたい。おいしいコーヒーが飲みたい。でも、こたつでアイスも捨てがたい。

…食べることばっかり考えてます(汗)力いっぱい眠りたい欲求も強い。
冬は、自分(の欲望)との闘いだなぁ。
みなさま、風邪には十分ご注意を。

☆★☆

この時期は、月がとてもきれいに見えます。白くて、ぴかーっと輝いていて。空気も澄んでいて、最高です。
綺麗な月の写真が欲しいなと思う、今日この頃。月が出ている時は彼が明るすぎるために、星も輝けない。太陽と対になって目立たない印象でもありますが、案外、月は自己主張の強いやつなのかもしれません。

☆★☆

それでは今回はこの辺で。
訪問、拍手、コメント感謝です。いつもありがとうございます。
明日は夜遅くに更新できれば、更新しますv

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

【小話】幽霊退治は黒蝶堂にお任せあれ【更新】

こんばんは!
今夜は、小話更新です。
さくっと一話読めるようなものが作れないかなと思いながら描いたので、
黒蝶堂の一場面を切り取った感じの作品になりました。

↓↓よろしければどうぞ↓↓


【幽霊退治は黒蝶堂にお任せあれ】

「あの、幽霊が出るんですが。」

「・・・なぜ、うちに相談に?」

「え、違うんですか?」

この店は、そういう店じゃないんですかと。
初めて来店したと思われる気弱そうな中年の男は、辺りをきょろきょろと見回しながら、席の主の顔色をうかがった。

堂長席に深く腰掛けていたはちは、ため息を喉の奥でかみ殺し、中途な苦笑いを返す。
どんな情報源で黒蝶堂に辿り着いたかは不明だが、それをさしおいても、この男は何を言っているのだろうか。いい年であろうに、何をそんなにおびえているのだろうか。

もちろん、口には出さない。

うちは古本屋だし、第一、オレはそういうのを信じちゃいないっすから。

その言葉も飲み込む。

相手の主張をまっこうから否定するのは、リスクが大きいし、相手の機嫌を損ねて論旨を失いかねない。
まずは、冷静に話を聞き、段階を追って、そんなもんはこの世に存在するはずがないと、理解させる必要があるからだ。

「・・・まずはですね」

はちが切り出した。
そのとき。

「ご安心ください!うちにご相談いただいたからにはその不安、消し去ってご覧に入れましょう!」

後ろから、声が飛んできた。
はちと男は同時にそちらを見、目を丸くする。

そこに立つ白髪の青年・氷山しろは、優しい微笑みを見せ、客人に詰め寄った。

「ほ、本当ですか・・・?」

「もちろんですよ。ね、はち。」

「おい、お前・・・」

「大丈夫です。黒蝶堂の名をかけて、幽霊騒動治めて見せましょう!」

「よろしく頼みます!」

そして、客人は帰っていった。

「さぁ、様子を見に行きますよ!」

「・・・お前、知らねぇぞ。」

ため息をつくはちに、闘志を燃やしているしろが振り返る。その顔は、いつになく真剣なものである。
彼は奥間に引っ込んだかと思うと、幾多の数字が並ぶ帳簿を持ってきた。

「ほら、今月はどう見ても赤字なんですよ。」

「・・・そうだな。」

見ずともわかる。今月に限らず、いつも家計は火の車である。

「出来ることがあるなら、仕事なんて選べないですよ。」

「・・・そりゃそうだ。」

「だから、請け負ったんです!」

「・・・わかった。」

はちはしぶしぶ、頷いた。

話は脱線するが、黒川はちは三段論法に弱い。
しろはその性質を知っており、彼を言いくるめる技術を会得しているのであった。

「堂長、出番ね。」

次は、本棚の上から声が降ってくる。
辞書のような厚みのある書物を膝に広げた少女・ゆりは、冷たい瞳の色を眼下に向けた。

「・・・どうしてこうなったんだ。」

はちは客人の置いていったメモを眼前に掲げた。
手書きの地図と、ポイントを示す黒い丸。矢印が引かれ、「午前2時から」の注意書きととれる走り書きがある。

こんどこそ、はちはため息をついた。

バカバカしいと漏らしながら、彼は呟く。

「・・・幽霊なんざ、いるはずがねぇってのによ。」

「幽霊なら話は簡単ね。利用できる物は利用しておいて頂戴。」

「それってもしかして、牡丹ちゃんの事ですか!?」

確かに幽霊と言ったら牡丹ちゃんの得意分野でしょうねと、楽しげなしろの声が反射する。
ゆりは冷笑を浮かべて答えとするだけである。
彼女はたった一言、はちをじっと見据えて言った。

「貴方たちが全てを背負う必要なんて、どこにもないの。」

【完】

ここまでお付き合いくださりありがとうございます!
「黒蝶堂ってこんな感じなのねふーん」ってな感じにおさめてくだされば幸いです。
自分の仕事を終わらせるより、みんなの仕事が終わる方がずっと大切だと、トーマスで言っていました。
結構いい話が多いです。

拍手コメント、ご訪問ありがとうございます!創作活動の励みになっています。
いつも来てくださる方々、今回初見の方々。
これからも、どうぞよろしくお願いいたしますv

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【イラスト】黒川はち@草むしり【更新】

くさむしり

黒川はち@草むしり。

彼の趣味は、家庭菜園です。屋上と中庭に、無駄に広い菜園を作っています。
【収穫の秋】だからといって、庭の手入れを怠ってはなりませぬ。
食べられない物を作るのは、気が進まない模様。


こんばんは!
靴ずれた足がかさぶたを作りました。
が、最近、傷の治りが遅くなったなと感じます。頑張れ私の細胞たち!

話を作る時の話題をひとつ。
話を作る時、ネタが浮かび上がるのは、大体雨の日が多いです。【晴耕雨読】ならぬ【晴耕雨創】みたいなもんで。

なので、これからの小話更新は【雨の日限定】にしようかなと思ったり、思わなかったり。
自分で自分の首を絞めそうな企画ですが、気が向いたら、【雨の日限定】企画としてもおもしろいかなと。
うっすらと、ルール考えておきます。
最近不調なのは、天気がいい日が続いているからだろうと。そんな風に思うのです。

拍手、訪問、コメントあざっすです!
やはり夜に更新すると、時間に余裕があってよいです。
では、また明日!おやすみなさいませ♪

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。