スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】帰り道を見失わないよう【更新】

【帰り道を見失わないよう】

黒川はちは、若者であるが、その割には、規則正しい生活を送っている。
反転すれば、彼の機嫌が著しく損なわれる要因の一つが、睡眠の不足である。

「・・・はい、こちら黒蝶堂。」

日中の二割り増しの低音で応対する口振りは、とてもではないが接客向きとは言えない。それもそのはずで、時刻は、まもなく午前0時。翌日を迎える現時刻は当然、古書店が営業中の時間でもなかった。黒電話のベル音が、すでに夢の世界へ旅立っていたはちの耳へ侵入し、聴神経にガリガリと傷をつけたのであった。
受話器を取り、相手の反応を待つ。
無礼を謝罪した上で、古書を100冊くらい買い上げるというのなら、胸中にこみ上げている静かな怒りをぶつけないでおこうと思いつつ。

だが、はちは自分の耳を疑うことになる。

「今日は遅くなる。ごめんね。」

「・・・はい?」

条件反射で「かけ間違いでは?」と問いかける前、電話は一方的に切れた。

はちは思い返す。
しろはコタツ猫よろしく丸まって眠っていたし、ゆりの姿は見えないが、いくら帰りが遅くなろうとも、決して「ごめんね」などと言う奴ではない。他に、この家に帰ってくるやつがいるというのか?

「・・・いや、いねぇな。」

はちが呟くと、再び、堂長席机上の電話がけたたましく鳴った。

ひとま置き、受話器を取る。

「今日は遅くなる。先に寝といてくれ。」

「・・・あの?」

今度は、中年男性の声であった。先ほどとは違う声質で、別人からの電話のようだ。これもまた、返事を待たず一方的に切れた。

はちの脳内に、ある言葉が浮かぶ。

”二度あることは三度ある”

何を根拠に。
冷静な頭でその言葉を打ち消した時。
 
「今日も遅くなる。明日も仕事なのに。」

気がつけば、受話器を耳に当て、愚痴を聞いていた。

「・・・はぁ。」

そんなやりとりが2、3度ならず4、5…と繰り返され、しまいには、

「友達と遅くまで飲むから。心配する必要ないか・・・」

ざわめきを背景にした女性の声をみなまで聞かず、受話器を叩きつけた。

リンと間の抜けた音が堂内に響き、静寂が訪れた。

「・・・いたずら電話も、ここまでくると犯罪じみてるな。」

こめかみの痛みをおさえて、はちは独りごちる。
月の傾く金曜日の夜である。表通りがどことなく騒がしく感じられる。
はちは1分ほど待ち、電話がおとなしくなったと確認できたところで、自室へと戻った。



翌、土曜日の朝。

「はち、大変ですよ!」

「あと5分。」

「おい、水をくれ!」

「・・・うるせぇぞ、しろ。」

「僕じゃないですよ!」

机に伏していたはちは、しろの小さな憤慨によって目を覚ました。
妙な体勢で眠りを貪ったせいか、体のあちこちが凝り固まっている。伸びをし、首を左右に傾け骨を鳴らすと、散らばった意識が手元に集まってき始めた。

はちは、なぜ自分がこの部屋にいるのかを思い出した。

昨夜は電話が断続的に鳴り響き、結局、席にて一夜を過ごすはめになったのであった。時計を見上げれば、時刻は午前7時。頭の奥にずしりと残る不快感に、朝から疲労が溜まりに溜まっている。

なにやら表通りが騒がしい。
そのざわつき加減に、はちは嫌な予感を覚える。
机の端に追いやられた眼鏡を拾い上げ、汚れを雑に拭き取って装着した。

表通りが正面に見える席にて、彼は目を凝らす。

「早く開けてくれ!」

黒蝶堂の門前には、よれたスーツを着たサラリーマン達が、バーゲン会場さながらに群がっていた。

「悪かったから、開けてくれ。」
反省するそぶりで、懇願する者。

「亭主に対して、その態度は何だ!」
明後日の方向に、逆上する者。

「もう会社に行くから。いいね?」
内側の人間から、許可をもらおうとする者。

「朝帰りじゃない!浮気じゃない!」
朝の路地にて、青い顔で訴える者。

老若男女、種々こもごもの人間が、黒蝶堂のガラス戸を叩く。
その光景を、目一杯にしかめた顔で見ているはちであったが。

彼の耳に、皆が一同に口を揃えて言う事柄が滑り込んできた。

「「「昨日、電話で連絡しただろう。」」」

あちらこちらから噴き出ている訴えに、

「・・・どうなってんだ、これは。」

彼は怪訝そうに、目を細めた。



扉を一枚隔てた向こう側に、多数の人がたむろしている事態は改善していない。その風景を若草色のカーテンで遮断し、堂長席にて、はちはしろに朝方の事情を聞くことにした。

「今朝、新聞受けに、こんな写真が入ってたんです。」

「・・・これはどこだ?」

写真に写るは、暗闇に浮かぶ、だいだい色の光で照らされた空間であった。赤いレトロな柵で囲われたその空間の中央に、灰色の公衆電話と、青い電話帳が開いた状態で置かれている。

「もう1枚ありまして。」

差し出された写真は、どうやら青い電話帳を拡大したものであるらしい。びっしりと並ぶ掲載項目の一番上に、店名の「黒蝶堂」と先の堂長の名である「黒川伊織」、そして電話番号が掲載されていた。

「それは、簡単な移転装置ね。」

「公衆用電話ではないわ」と、はちの斜め後方の空間を裂いて現れた少女が、2枚の写真を覗き込んだ。

「てめぇは、いつもどこに隠れてんだ・・・」

「移転装置、ですか!?」

目を輝かせたしろとは対照的に、席に背を預けたはちは、唐突な登場を見せた少女の姿に冷や汗を垂らす。
彼女の言葉を反芻したしろに、ゆりはゆっくりと頷き、右手に抱えた書物を机上に広げた。

「電話番号の掛け先へ、瞬時に移動させられるの。その過程で彼らは混乱し、到達した場所を自分の家と勘違いしてしまうのよ。」

「んなこと、できるわけが・・・」

「一介の憑者の他愛もない悪戯よ。」

だから、わざわざ気に留める必要もないわ。
ゆりが書物のページをめくる。

「・・・で、あいつらをどうすりゃいいんだ。」

店の前で溜まりに溜まったスーツ姿の群をみて、目の下に隈をこしらえたはちは、げんなりと問う。

「容易い事。」

ゆりは指を宙に舞わしながら、さもなげに返す。

「電話を掛ければいいのよ。」

「もう電話はこりごりなんだが…」

ぐったりと覇気なく答える彼に、ゆりは返す。

「迎えを待つ人間が、彼らにはいるのでしょう?」

彼女の台詞が終わると同時に、若草色のカーテンが表のガラス戸ごと、自動的に開いた。大量の人間がなだれ込み、三々五々散らばっていく。「あれ、ここ、家じゃないような気がする」と、誰それから戸惑いの声が挙がった。

眉を顰めたはちではあったが、現状の解決をしなければ安眠は得られないと判断し、寝起きながらも精いっぱいの声を張り上げた。

「家に帰りてぇやつは、席の前に並べ!」

あと、電話番号もちゃんとしたやつを調べるんだ!
少女の広げた書物――ゆり特製の、分厚い電話帳を、彼らに高々と掲示したのであった。


【了】

スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】黒蝶堂の食卓(前日譚)【更新】

まずはこちらから⇒黒蝶堂の食卓

↓つづきがこれです↓

【黒蝶堂の食卓(前日譚)】

「お願いがあるのだけど。」

墓地を訪れた少女は、中央の広場にて一休みしていたツインテールの少女の顔を無感動に覗き込んだ。木製の古びたベンチの上で仮眠をとっていた彼女は突然の来訪者に跳び起き、着物の袖で口元を拭った。
ツインテールの少女・牡丹は、珍客にその薄い青色の瞳を丸くする。珍客・黒蝶堂の少女ゆりは続ける。

「貴方の舎弟を貸して頂戴。」

「獅子之丞のことか。いいぞ。」

間髪入れず、牡丹が二つ返事で答える。朝咲寺の獅子之丞は牡丹の昔なじみで、ゆりには”寺院領の忠犬”と呼ばれている。

牡丹は目をこすりながら、ベンチに座り直した。

「珍しいな、ゆりがあたしにお願いだなんて。」

「迷惑なら構わないわ。」

「素直じゃないんだぞ。いつ貸せばいいんだ?」

「明晩よ。」

「わかった。で、何をさせればいいんだ?」

頼めば大抵のことはやろうとするぞ、あいつは。

牡丹は伸びをし、背負った2本の卒塔婆の位置を調整する。彼女の周囲には青白い光の玉が飛んでいるが、昼間の日光が射しているがため、その光はあまり目立ってはいない。

血色がよく健康的な牡丹とは対照的に、白いを通り越して青白い顔色の少女は答える。

「簡単な事。犬でも出来るわ。」

「それは有り難いんだぞ。」

彼女は、とある指令が書かれた半紙を、牡丹へと渡した。

「それを命じてから、寄越して頂戴。」

「わかったんだぞ。」

メモを一瞥した牡丹は、その意図がわからず、はてと首を傾げたが、

「ゆりの考えることだ。良くも悪くも、きっと意味があるんだろうな。」

へらりと冗談めかした。
一方のゆりは、ほんのわずかに柳眉を寄せた。

「悪用はしないわ。」

今回は、ね。
冗談を言っている風もなく断りを入れた彼女は、くるりときびすを返し、深見ヶ原墓地をあとにした。

「相変わらずな奴なんだぞ。」

牡丹は肩を竦めながらそう呟くと、再度ベンチに横たわり、朝咲寺に赴く段取りを考え始めたのであった。



【了】

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】黒蝶堂の食卓【更新】

【黒蝶堂の食卓】

「しろ。」

小さな台所でオリジナルの包丁をじっと見つめる背中に、音もなく忍び寄った少女が呼び掛ける。ぴくっと肩を震わせた彼が、包丁を背中に回し、珍しく頼りなげな笑顔で振り返った。

「あれ、ゆりちゃん。どうかしたのですか?」

「問うは私。貴方が一体どうしたというの?」

じっと見上げてくる黒目がちの瞳に、しばいの沈黙が停滞し、

「実はですね」

しろは器用に眉尻を下げてみせた。

「ありがたく思ってないみたいなんです。」



「毎回毎食、単純な作業みたいで。」

出された食事を胃に収めるだけなんですよ、まるで。
2人前の茶をそそぎ入れ、青い座布団に正座をしたしろは、青い瞳を軽く伏せた。向かいには赤い座布団に腰を下ろしたゆりが、傍らにA4版の本を携え、じっと彼の話に耳を傾けている。

「つまり、はちに美味しいと言わせたいのかしら。」

少女の問いかけに、しろはうーんと首を傾げる。
そして、

「はちが満面の笑みで「旨い!」って言ってる・・・なんて、全然想像つかないです。」

「だから、それは今更なんです。」

「だけど、少しは食べ物に対する感謝と言うか・・・なんて。」

矢継ぎ早に吐き出した言葉の後、「上手く言えないです、ごめんなさい」と、机に突っ伏した。

白い頭が、縁側からの風になぜられ揺れる。夏の昼時、まとわりつくような湿度が部屋全体を覆い、机に置かれた盆の上、包丁の刃がぎらぎらと光っている。

少女はお茶をすすり、好物のチョコレートの包みを開け、もぐもぐとそれを咀嚼する。
そして、お互いが一言も話さぬまま5分が経過した頃。

「しろ。」

「はい。」

彼女は、伏せたまま答える彼をじっと見た。

「その考え方は間違っているわ。」

「え?」

顔を上げた彼に、少女は、ほとんど開けずに言葉を紡ぐ口の端を引き上げ、片側の前歯を覗かせる。

「目的があるのなら、達成させてみるが吉よ。」



その日の晩時。

「今日はごちそうですよー!」

食卓には、ハンバーグにカレー、オムライスにサラダと焼き肉、エビフライに刺身に寿司と、これでもかとの品目が並んでいる。それだけではない。テーブルに置ききれなかった天ぷらが、台所のシンクの上で待機し、温かな湯気を漂わせている。

「どうですか?」

しろはキラキラと瞳を輝かせ、食卓に座ったはちににじりよる。
しかし、一通り皿をつつき、胃に収めて、飯茶碗を置いたはちは、

「・・・出資元はどこだ?」

対照的な目で、しろへ三白眼を向け、低く返した。
口調がぶっきらぼうなのは通常運転だが、それに加えて機嫌が悪そうに眉をひそめている。

しろは笑顔を崩さず答える。

「ゆりちゃんですよ。」

”この未来のため”の準備をしてくださってたんですよ。

「あり得ねぇっての。」

はちは続ける。

「明日からの飯は、大丈夫なんだろうな?」

黒蝶堂の家計は火の車である。当然、贅沢をして良いわけはどこにもないから、はちの懸念は当然のことであった。

と、

「そう。」

隣に座っていたゆりが、はちを見やり一言吐いた。

「貴方の反応も、予測通りよ。」

怪訝そうな彼をよそ目に、円を描くよう、小さな人差し指を宙に巡らせた。

すると、所狭しと並んだ食器類が一斉に動き始めた。白い楕円の皿は、両端を曲げ、中央部分に大きな亀裂を入れ、食べ物がその亀裂へと徐々に飲み込まれていく。湯呑みの茶は水位を減らす。割れた皿が肉を切り、刃先が二つに裂け、肉を続々と咀嚼する。

それは、食器が、食物を食うと表現してしかるべきの光景であった。

「な・・・!?」

目を疑うはちは、思わず後ずさる。と、彼の耳にうなり声のような物音が、隣室から届いた。

逃げるように立ち上がり、和室の前に立ってふすまを開く。電気を付けると、

はちの目が点になった。

そこには、飯を食らう見知らぬ男の姿があった。



黒川はちは冷静であった。

「しろ、警察に連絡だ。」

不法侵入の現行犯だと、自らの常識を振りかざす。

「ま、待ってください、堂長様!」

豪勢な食事が並ぶテーブルから離れ、畳の上で体を小さくする男。どうも、それは先ほど食器類が食べた献立のようであるが、はちは気づかなかった振りをする。
顔も上げず土下座を継続する彼に、はちは目をしろにやり、意見を求める。

「一体、どういう事だよ。」

すると、

「面を上げて頂戴。」

はちの背後からお代官さまならぬ、おゆりさまが彼にお慈悲を与えた。

「名乗って頂戴。」

「は。お初にお目にかかります。」

自分、朝咲寺の獅子之丞と申します。
牡丹様に言われ、ここに参ったのですと、彼は説明した。

「アサキ寺の、ししのじょうさん。」

朝咲寺って、深見ヶ原墓地の近くの古くって、すんごく大きなお寺ですよね。

しろは告げる。が、

「牡丹・・・さまぁ?」

はちは怪訝そうな顔を隠すことなく、侵入者を見下げていた。彼がひどい頭痛に見舞われていることは、額と頬に浮かぶ脂汗で一目瞭然である。

「はい。深見ヶ原の牡丹様です。」

侵入者は言葉を継ぐ。

「どんなに美味しいものでも、堂長様が気に入らなければこちらに回ってくると聞きまして。」

「オレは別に、気に入ってねぇとは言ってねぇよ。」

だが、侵入者は、はちの二重否定語を理解する素振りさえ見せず話を続け、

「もしや、牡丹様が自分に嘘を・・・!?」

突如、目に涙を浮かべ、青い顔となった。ぎょっとしたはちは、「とりあえず、皿と箸を置け」泣かれても困るんだがな・・・と、気まずそうに後頭部を掻く。

「それは違うわ、寺院領の忠犬。」

場を引き継いだゆりに、全員分の視線が集まる。「では・・・!」救いを求める信者のように、獅子之丞がゆりに詰め寄る。

「では、堂長様はこのような素晴らしい料理すら、ないがしろにする人だというのですか?」

「はち、どうなんですか!」

「いや」はちは、話の方向が変わってないかと感じながらも、

「・・・美味いとは思う。」

「ありがたく思っていると!?」

熱を篭めた侵入者の視線と、どうなんですか!とにじり寄ってくるしろに、

「・・・そらそうだ。」

はちは、あっさりと根負けした。

「・・・オレ、料理できねぇし。だいぶ、助かってるさ。」

「こんなこと、今更だろ」と、眉間のしわをさらに一本増やして答えた。



翌朝。

「はち!朝ご飯ですよ!」

しろの声にしぶしぶ起床したはちは、着替えもせずに1階へと降りた。食卓には味噌汁とたくあんの漬け物と白米が並んでいる。いつも通りの、質素な食卓だ。

はちは席に着き、箸を取ろうとした。と、向かいのしろと目が合う。手を引き戻し、両手を合わせる。

「い・・・」

「いただきます!」

はちはさっと身をひねる。昨夜の男がそこに座り、味噌汁をすすっていた。

「てめぇ、なんでここにいるんだよ!?」

「さっさと帰れ!」と、命じるはちに、

「いえ、牡丹様がお迎えに来て下さるまで、ここで待機しろとの話なので。」

堂長様の話と言えど、従うわけにはいかないので。
にへらと、だらしのない犬のように顔をほころばせる彼に、はちはため息一つ吐き、

「皿と犬に食われる前に、食わねぇとな。」

手を合わせぼそりと「いただきます」と呟き、箸と茶碗を手に取った。



【了】




テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】死亡特需【更新】

【死亡特需】


黒蝶堂が、にわかに賑わっている。
断続的に、とまではいかないが、ちらほらと客人が寄せては引き、数分の間の後に、また寄せては引いていく。客人の内、5人に2人は手に取り、その内の1人が買っていく商品には、ある共通点があった。どことなく雰囲気の似通った表紙に、帳簿をつけていた堂長は、ようやっと合点を得、

「そういや、こないだ死んだって言ってたな。」

誰もいない堂内で独り言を吐いた。

本の著者は2、30年か前、一世を風靡し、時の寵児となった人物
・・・だったらしい。それも今は昔の物語のように、伝聞調でしか語られず、仏様となったと知れたおとといの朝方の情報番組の片隅をにぎわせていた。

「・・・死んだ後に売れたところで、本人には関係ねぇだろうに。」

「それが、そうでもないんだぞ。」

はちの呟きを、表通りから入ってきた少女が拾った。はちはため息をつき、「どういうことだよ」どいつもこいつも突然現れやがってと、ツインテールの少女に問い返す。
が、返ってきたのは欲している返答ではなく、

「こんな小難しいものくれてやる。」

言うや同時に、何かを投げつけてきた。
宙を一直線に飛ぶその軌道に、はちが慌てて両手で挟み込むように割り込めば、見覚えのある表紙が掌に収まった。

「あたしたちの間でも、情報交換ぐらいするんだぞ。」

墓場の憑者と名乗る彼女は彼女はブーツの踵を鳴らし、堂長席の前まで進んだ。「人間の間で流行っていると聞いた」で、近くの憑者から回覧が回ってきた。だから、次は引きこもりのゆりに渡そうとやって来た、と続ける。

「そりゃ、わざわざどうも。」

脳内にて、彼女の発言裡は冗談だと決めつけた彼は、一応、感謝の言葉を述べておく。いつもの棚の上を見上げるに、ゆりの姿はない。気まぐれ猫のように、ふらりとどこかへ出かけてしまったのだろう。

「・・・で、そうでもないってのはどういうことだ?」

席にひじをつき、手の甲に顎を乗せて少女・牡丹を見やる。と、「オマチの死神様が言ってたんだがな」と牡丹は前置いたから、はちの眉間のしわが、さらに1本加わった。

「三途の川を、こっちの世界で例えると、豪華客船みたいなもんで渡ったらしいぞ。」

「・・・冗談きつすぎんだろ、それ。」

それだけじゃないぞと、彼女は声をひそめる。堂長に耳打ちするかのごとく、右手を自らの頬に添え

「仏壇に供える線香を、こっそり高級でいい匂いのヤツに変えたらしい。」

至極まじめな顔と小声で告げた。
「ばかばかしい」はちは彼女の報告を真っ向から否定し、

「誰が言ってんだ?信憑性に乏しい占い師か?」

あきれ顔で相づちを打つ。牡丹は腕を組み、うーんと唸って「簡単に言うとだな」奴には心配ごとがあるらしいんだぞと、話を続けた。

数年前みたいに人気が急騰して売れすぎたら、遺してしまった家族が財産を巡って、結果として不和が広がってしまうかもしれない。今は協力して、自分のいない世界の中で生き抜く準備をしてほしいというのに。

不安はだんだん膨張し、おちおち眠りにもつけない。向こうの世界を抜け出してまで、人気の再高騰を押さえつけたい、と言っているらしい。
そんな相談が、遙光の街の墓場の憑者・牡丹にまで届いてきたものだから。

「だから堂長、なんとかしてやってほしいんだぞ。」

できることをしたいんだぞと、彼女は言った。

「なんとかって・・・」

誰がなにをいつどうしてどんな結論で、そんな心配ごとにたどり着くというのか、つっこみどころが多すぎる話に、はちは半開きになった目をこする。こすったところで、目から鱗は落ちてこなかったが。

「大丈夫ですよ。」

突如、奥間より声が届いた。右手に青いフライパン、左手に菜箸を持っている。湯がいたほうれん草を炒めている途中であった彼・居候のしろは、

「安心してください。」

甘ったるいバターの香りを漂わせながら、満面の笑みで告げる。

「人の噂も、45日目ですよ!」

「79日だ。」

すかさずはちが訂正を入れる。

「”45日”が済めば、故人が忘れられちまうみたいじゃねぇか」

「大丈夫です、ぼくが忘れませんから」

「それじゃ、まるでオレが故人みたいじゃねぇか」

75日と45日を間違う奴が覚えとけるわけねぇだろとため息混じりに返せば、

「大丈夫です、ぼくは、1度”見た”物は忘れない性質なので」

にかりとした笑顔が反射してきた。

「あぁそうかい」

そこではちは会話を雑に切り、牡丹に向き直って答える。

「どいつもこいつも忘れるだろうよ、すぐにな。」

だから安心して眠ったらどうだ。寝不足だから、そんな世迷い言を言って、周りに迷惑をかけるんだ。

その”占い師”によくよく伝えろと牡丹に念を押し、はちは欠伸を一つした。



それから、しばらくして。

「これ、買い取ってほしいんですが。」

またか。
はちはぴくりと頬をひきつらせながらも、黙々と事務に励む。言わずもがな、数日前、一時期”死亡特需”に沸いた同著者の本だ。
それも、1冊ではない。朝方、昼休み、夕暮れ時、ちらほらと客人がやってきて、手に持った本を買い取ってくれと請うてくる。まさかなと感じた彼の直感は、ズバリ的中してしまったようである。

夏の夜の陽が沈み、客足がやんだ頃。
帳簿をめくる手が止まり、正の字を書き終えた。

「・・・経済っつーのは、よくできてんな。」

本のタイトルは異なるが、冊数を換算すると、販売数と買い取り数の結果は、プラマイゼロであった。売り手は先の買い手とはまったく違う面々であったから、不可思議なことではあるが。結果として、黒蝶堂はその特需の恩恵に預かれたのであった。

はちの小さな感慨に、

「人間の平衡感覚には、興味をそそられるわ。」

棚の上の少女は本に目を落とし、ぽつりと言った。膝の上に広げられたのは、先日、牡丹が情報伝達だと運んできた本のようだ。見覚えのある表紙に、「やっぱり杞憂じゃねぇか」牡丹が脳裏によぎったはちは、これ以上買い取りが増えるとまたあの妄言話を思い出して面倒くせぇなと一人思うのであった。


【了】


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。