スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】『てんか』ら『の』た『まわりもの』【更新】

【『てんか』ら『の』た『まわりもの』】

「医学の本も置いてるかね?」

「少しはありますよ」

開け放たれた黒蝶堂の扉を叩いた男は、周囲に乱立する背の高い本棚には目もくれず、堂長席を真正面に見据えて問うた。声のしゃがれ具合と顔に深く刻まれた皺から察するに、歳のころは六十代半ばから後半といったところかと、はちは返事をしながら、目でいい加減に推測する。だが、背筋は針金を入れているかのごとくピンと伸び、日に焼けた肌と彫りの深い顔立ちは、小柄な彼から発せられる自信と威信の顕れのようで、彼が近寄るごとに、本当の年齢なぞは見た目じゃわからんもんだなと、はちは持っていた万年筆を置いて、医療関係の書物をまとめた一角をゆび指した。
男が大股で歩いていく後ろ姿を見送って数分後。しんと静まり返った黒蝶堂に、男の弾んだ声が響いた。

「違う違う。」

手に三冊の学術書を携え、彼は微笑みをたたえたまま堂長席前へと戻ってきた。「とりあえず、これをもらおうか」と言うので、埃を被ったレジスターで精算する。いずれも長ったらしいカタカナの医学用語がタイトルにある、ずいぶんと古い本である。手持ちの袋にそれらを入れた彼ではあったが、帰る素振りは見せず、再度、席に寄ってきた。
そして、聞き取れる限界の声量で言った。

「この店、魔術本とかありそうな雰囲気じゃねぇの。」

「ま・・・まじゅつぼん?」

唐突かつ想像だだにしていなかった質問に、はちは咳込み、じいと彼を見る。

そ。医者は嫌いなんだよ。

彼は続ける。

「”治る治る”とは言うくせに、いつまで経っても”治す”とは言わない。」

「・・・はぁ」

「だったら、独学で治してやろうと思ってな」

だが、いまさら一から勉強してたんじゃ間に合わない。彼は、はちに背を向けて天井を仰ぎ、

「そういうのに頼らねぇと、もう、な。」

ガタがきてるんだよ、色々と。淡い色の蛍光灯に手をかざして、横顔で笑って見せた。

「・・・そうっスか」

「頼りたくなるってもんよ」

「頼るって・・・」

呪文とか唱えるんスか?はちは思いつく限りの精一杯の冗談を言いかけて、口をつぐんだ。彼の口角は軽口を叩く時のように上がっているが、両の目は感情を全く浮かべることなく、静かに天井を見上げているだけであることに気がついたからであった。

「お前さんはまだ若いから、傷なんてなめときゃ治るだろうが。」

いいね、若さというのは。向けられたどうしようもない羨望に、はちは曖昧な返事すらできずに口ごもる。

「その割には、実年令より随分老成して見える。」

「・・・はぁ」

ところで、これは提案なんだが。
身を翻し、堂長席に手を突いた彼は、片側の眉を器用に引き上げて、

「その持て余している若さ、売っちゃあくれんかね?」

「・・・はい?」

堂長へと、珍妙な商談を持ちかけた。

「少しくらい、いいだろう。」

「・・・正気っスか?」

「もちろんだ。」

「・・・冗談だろ?」

冗談じゃあない。

「だって、俺が魔術師だからな。」

さらりと告白する彼に、はちは頬杖をついて「馬鹿馬鹿しい」反射的に飛び出ようとした言葉を、またもやすんでのところで飲み込んだ。彼のギラギラと輝きだした瞳と体全体から発せられているような熱気に押し込められ、代わりの応答が全て封じ込められてしまったからである。そして、口が金縛りにあったかのように、半開きの状態で固まってしまった。

「金はいくらでもあるんだ。」若い頃、なかなか稼ぎがよかったものでねと、彼は、懐から紙の束を取り出す。

はちの目が、見事に泳いだ。

堂長席に積まれたのは、札束の山。彼はぺらぺらとその内の一つを無造作にめくり、告げる。「全部、万札だ」悪い話じゃないだろうと、更に一歩、はちに詰め寄った。依然として言葉を失ったままのはちは、必死に首を振ろうとする。が、首筋を力強いなにかで押さえつけられているような感覚に、それすら叶わない。

「これでも、駄目かね?」

彼の瞳が白と黒に点滅している。頬の裏側の細胞を少しもらうだけでいいんだと、より一歩、間隔を潰す。それでも、うんともすんとも言わない――言えない状況に陥っているはちは、唇が乾くのを感じた。

それからしばしの沈黙が空間を支配し、

――先に動いたのは、客人であった。

「さぁ、よこせ!」

数分前まで微笑んでいたはずの彼は、煮えきらない若者に血相を変えて飛びかかった。札束の山を乱暴に床へと払い落とし、はちの襟刳りを掴む。はちは顔を歪め、ただただ体を椅子から離さないよう、じっと踏ん張る。しかし、恐ろしいほどの怪力と、ぎらぎらと輝く目がはちを捕らえ、体が宙に浮きかけた時――

客人は、「うっ」と詰まった声を漏らし、後方へと倒れた。突然の圧力からの解放に、反動で椅子ごと転倒したはちは肩を強かに打ちつけた。「痛ぇ・・・」言葉を反射的に発し、開いた目で客人の足裏を発見して、とっさに彼から離れる。よくよく見れば、気を失った彼のみぞおちに、ハードカバーサイズの分厚い書物がめりこんでいた。

これは、誰の仕業か。
はちは棚の上を見上げる。案の定、そこに座っていた少女と目を合わせた。

「路地裏に、捨ておいて頂戴」

当初より眼下の様子を観察していた少女は、涼しいを通り越して冷たい瞳ではちへと言い放った。右手の人差し指をくるりと回転させれば、男を襲った書物ががたがたと震え出し、ページを羽のごとく広げてはちの手元へと納まった。

「・・・大丈夫か、こいつ?」

はちは書物の背表紙を叩き、堅さを確認すると、哀れむような目で客人を見た。次いで、おもて表紙を見てみれば、そこには数学記号のような、ロシア語のような、カタカナの変形語のような、今までに見たことのない言語――強いて言うならば、子供の落書きのような文字が羅列されていた。ぺらりとめくると、そこには怪しげな魔法陣のイラストと、これまた英語でもラテン語でもない注釈がついているページがあった。

「・・・おい、この本は?」

燻した香草の上で放置されていたかのような、むわっと漂う匂いにページを閉じる。見覚えのない書物に、はちが棚を見上げると、少女は、

「目が覚めたら、探していた魔術書を握っていただなんて、天からの賜り物だと泣いて喜ぶわ。」

淡々とこれから先の未来を予測し、堂長に報告する。

「・・・馬鹿馬鹿しい」

はちは肩をすくめ、しゃがみこんで、男の顔をのぞき込んだ。右頬の一部が変色し、塗装の剥げた外壁のようにヒビが入っている。はちは自らの頬を撫で、同時に抓ると、ため息一つついて、彼からついと目をそらした。

少女・ゆりはふと尋ねかける。

「貴方、もしや金銭に目が眩んだのかしら」

「・・・そんなこと、あるわけねぇだろ」

第一、年齢を分配するなんざ、できるわけねぇ。

冷静を装うはちであるが、「一瞬たりとて、心が動きそうにならなかったか?」と問われれば、「そんなはずはない」と答えるしかない。少しの逡巡は、わずかにだがあったのかもしれないと、自分に問いかける始末である。

内心は瞬間的に迷ったかもしれないが、結果的には自分の常識でその誘惑を断ち切った――そう結論づけたはちは、彼の手提げ袋に散らばった札束を押し込み始める。が、触ったことのない大金に指先が震えるのを感じた。そして、客人を店の脇に引きずり行き、彼の隣に、”魔術本”とやらを置いてみたのであった。



【了】


スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】鮮やかなる色を【更新】

【鮮やかなる色を】

「人手がほしいんだぞ。」

「来ると思っていたわ。」

これが、昨晩のやりとりである。



翌、夏の朝。
「黒川」と、刺繍入りのジャージを着、緩やかな坂を登る彼の息は上がっていた。到達した坂の上、死者のための集合住宅地は、見晴らしがひどく良い。そんな遙光の街でも有数の墓地・深見ヶ原の片隅にて。

「縁者が切れる。よくある話なんだぞ。」

深見ヶ原墓地の憑者と名乗る少女・牡丹は、鼻から息を抜きつつ、彼らに説明を与えている。

「・・・つまり、盆に参りに来ねぇ奴の、祖先の墓を、赤の他人のオレたちが掃除しろってことか?」

「なんでそんなことをしなきゃならねぇんだ」と、黒蝶堂堂長である黒川はちは、息を整え、バケツと柄杓を両手に掴まされた状態で牡丹に問う。
すると牡丹は、今度は鼻を鳴らしつつ、得意顔で言い放った。

「"こっち"に存在してる者が綺麗にしてやるべきだぞ。」

「特に、お前たちみたいな若くかつ人間の労働力がやると喜ぶ」と続け、うんうんと頷く。

「言ってる意味が、よくわからんが・・・」

質問者が率直な戸惑いを口にする。

だが、

「端から、あの辺までやってくれ」

まるで聞こえなかったかのように、彼女は仕事の話を始めた。彼女の指さす先、墓の群が数列、長々と連なっている。

「やりがいがあるぞ」

牡丹の声に、

「結構あるんですねー」

ゆりに命じられ、はちを堂から連れ出した張本人・氷山しろが、のんきに応じる。一人、

「・・・終わらねぇだろ、1日じゃ。」

はちはぼやき、眉根のよった眉間をひと撫でする。と、バケツの中のタワシがぶつかり合い、濁った音がこぼれた。その音を合図にしたわけではなかったが、

「・・・仕方ねぇな。」

水を汲むべく、つま先を広場へと向けた。



「お疲れだったな!これが、今日の報酬だぞ。」

陽は既にとっぷりと暮れていた。作業がひと段落したところで、牡丹が一つの風呂敷包みを差し出した。受け取る腕がヒリヒリと痛んだのは日焼けのためだと、疲労にまみれているはちは遅れて気がついた。藍色のボタンの華が緻密に描かれている風呂敷を、はちは「どうも」右腕にのしかかってくるような重さに驚きながら、それを抱えなおした。

「残りは明日、頼んだぞ!」

時刻は日を跨ぐか跨がないかの頃合いであろう。深夜でもエネルギーみなぎる牡丹は、音を鳴らさんばかりに手を大きく振り、黒蝶堂の者たちを見送った。



月が照らす薄暗い光が、砂利道をぼんやりと浮かび上がらせている。こっちから帰りましょうよとのしろの提言で、近道になるはずの道を選択した彼らであったのだが。

「いやぁ、出そうですね。」

「・・・なにがだ。」

「言ったら、更に出そうじゃないですか!」

「お墓も近いことですし、ここはうってつけですよ」と、語尾を弾ませるしろは足を止め、両腕を左右いっぱいに広げる。
一方のはちは、顔をしかめ、

「・・・出るわけねぇだろ。」

しろが暗に示す主語に感づき、長息を吐く。次いで、腰に巻いていたジャージの上着を羽織った。この道に入った途端、なぜか外気温が突然、それも急速に下がったように感じたからである。その上、頭に鈍い痛みが走っていた。

と、月がふいに流れる雲に隠され、辺りが一瞬暗闇に飲み込まれた。

そのとき。
突如として、暗がりから、顔よりも大きいほどの円形の発光体が顕れた。それは側面より上下真っ二つに割れ、中から赤い舌を出す。形状は、手持ちの提灯に近いが、動きゆくその様は、まるで顎をガクガクと鳴らしている生首のようで、宙に漂っては、点滅を繰り返している。

絶句する堂長の前で、口裂けの化け物が、口をきいた。

「これより先は、黄泉路に通ず。さまよう心は、フカミに嵌るぞ。」

臓物の底にずしりと響き留まるような不気味な不協和音に、はちは耳をふさぐ。なおも近寄ってくる化け物と、ひどくなる頭痛に、

「や、や、やめろ!」

目もそらせず、後ずさりをする。と、足が空を蹴った。更に、軽石にバランスを崩し、尻餅をついた。立ち上がろうとするに、足が言うことをきかない。その鼻先に、化け物の舌先が触れた。

・・・その時。

「あれ、堂長さんじゃないですか!」

聞き覚えのある声が届き、呼びかけられたのだと気づくのに時間を要した。はちは、おそるおそる目を開く。メガネをのぞき込んできているのは、水底を彷彿とさせる青い瞳。放心状態のはちの頭上を

「あ、この間はお世話になりました!」

ぺこりと頭を下げたしろの言葉が飛んだ。
そこで、はちの中の記憶が、ようやっと繋がった。

彼は先日、黒川家の和室にて夕飯を腹に収めていた男であった。彼の手に、闇を照らす提灯が握られているが、ようよう見れば、それは古めかしくもごく普通のもののようである。先ほど化け物のように壊れて見えたのは、どうやら目の錯覚だったらしい。メガネを外し、上着の裾でぞんざいにレンズを拭き取ると、立ち上がって、彼に向き直った。

「確か・・・獅子之丞だったか?」

拍子抜けしたはちは問いかける。彼は大きく頷き、

「そうです。自分、朝咲寺の獅子之丞です」

得意満面の笑みで、黒蝶堂の面々に名乗りを上げた。
朝顔の花の刺繍が施された着物に黒い袈裟のようなものを中途に羽織り、ブーツで砂利を踏みしめている彼は、先日、牡丹に命じられて黒蝶堂にやってきたのであった。

「こんな夜分遅くにいかがしたのですか?」

獅子之丞の疑問に、ようよう立ち上がったはちの代わりとしてしろが「かくかくしかじかなんですよ」と、事情を説明した。すると、

「牡丹様のために働けるなんて、堂長さんは幸運な人だ!」

ゆりいわく”寺院領の忠犬”は、はちの手を取り、満面の笑みでのたもうた。反射的に、手を離してしまった提灯は、おぼろげな光を漏らし宙に浮いている。

「はぁ・・・」

どこらへんが幸運なんだろうかと、はちは首を傾げ生返事を返す。

「でも、お気をつけください。」

人なつこい笑みと明るいトーンそのままに、

「ここから先、冗談抜きに出ますんで。」

「その提灯に入ってる奴も、さっきこの先で捕まえた奴なんですよ。生きがいいでしょう?」と、浮かんだ提灯を掴み直し、彼は両者に笑いかける。眉を顰めた堂長と、ぱぁっと顔を明るくさせた副長の表情を確認して、獅子之丞は「では」と、通り過ぎていった。

その後ろ姿を見ながら、

「どいつもこいつも、出る出るうるせぇな・・・」

はちは、治まらない頭痛に、更に顔をしかめた。

「だってはち。ここは、いかにもな感じですよ。」

「だから・・・」

「そんなもん、いねぇっての。いねぇってことは、出るはずねぇっての」しろを見やろうと、はちは右を向いた。そのとき、自らの右肩に、なにかが乗っていた。顔をひねらせ目を凝らし、顔を近づけてみる。それ自体が光を放っている、重さのない青白い物体。それは、しろの左肩にも乗っていて。

たとえばそこに、第三者がいたら、こう報告しただろう。

――2人の肩に、異様に白い、骨張った人間の手が這わされていたように見えた、と。



「そうか、獅子之丞と会ったのか。」

「そうなんですよ。」

翌日。昨日の掃除の続きをしながら、しろは牡丹と雑談を交わす。

「で、堂長はどうして不機嫌なんだ?」

「ちょっとびっくりしすぎたみたいで。」

くすりと笑うしろの視線の先。はちは、彼らの話に入ってくることもなく、黙々と墓石周りの雑草を抜いていた。その頬には大きな絆創膏が貼り付けられている。それは昨夜、足がもつれ、前のめりに転倒し、砂利に顔を強かに打ちつけた結果の負傷であった。

「ゆりちゃんだったんです。」

僕らを心配して、迎えにきてくれたんですよ。

「・・・いや、悪意があったとしか思えねぇ。」

雑草を抜きながら告げるはちをそのままに、しろと牡丹は最後の仕上げに入ろうと、広場を出ようとした。
「・・・どこに行くんだ」尋ねるはちに、「大丈夫ですよ、明るい間は出ませんって」軽くあしらうしろと、「いや、明るいうちもいるんだぞ」真顔で言い放つ牡丹は、連れだってはちより離れていった。



「ここに眠る奴らを、綺麗な色で迎えてやりたいものだぞ。」

無縁仏か、縁遠い人間が存在するのだろうか。知ってか知らずか、彼女はどの墓前にも、一基ずつ、手を合わせ小さな花を供えて廻っている。花の入ったバケツを持ったしろが、牡丹へ次の花を渡す。その作業も終焉を迎えようとした時。

「そういえば、昨日のお礼で僕らがもらったものなんですが。」

広場が見えてきたところで、ふいに、しろが彼女の背中に話を掛ける。彼女のツインテールが左右に揺れ、彼女の目が笑んでしろを捉えた。

「旨かっただろう?」

「それが・・・」

珍しく言い淀むしろの前方から、犬のようにまっすぐ、曇らない目で、脇目も振らず駆けてくる者がいた。

「あれは・・・」

「牡丹様!ホオズキを準備してきましたよ!」

「おー、よくやったぞ。」

両手一杯に抱えた橙と緑の果実に顔を埋めるように、寺院領の忠犬は大量のホオズキを運んできた。足下にシートを広げ、それを置いたところで、「あ!しろさん、こんなところに」と、お使いを終えたばかりの獅子之丞が、自分の着物の懐を探った。

「ちょうどよかった。昨日、堂長さんが落としてましたよ。」

手から手へ渡されたのは、藍色のボタンの花が施された風呂敷であった。綺麗に折り畳んでしろへと渡した。

「あ!やっぱり、はちが無くしてたんですね。」

転んだくせに、走って逃げたものだから、その時に落としたんでしょう。拾ってくれて、ありがとうございますと、ぺこっと獅子之丞に礼を述べたしろであった。
と、ふと、怪訝そうな表情になった牡丹が、両者に割って入る。

「中身はどこにやったんだ?」

獅子之丞はハキハキと答える。

「はい!美味しかったです!」

「獅子之丞!」

「お前が食べてどうするんだぞ」と、牡丹は左のひとさし指を突きつけ、右手で背中の卒塔婆を抜いた。獅子之丞は「牡丹様!申し訳ありません!」と恐縮しきり、大きな体を縮こませた。

「元気がいいですねぇ。」

「・・・この空間には、そぐわねぇくらいにな。」

墓周りの雑草抜きを終えたはちが、泥だらけの軍手を外して地面に放りなげつつ、話に加わった。

「鮮やかなる彩りを、か・・・。」

墓前の野草を視界に捉えたはちは、牡丹と初めて遭遇した時のことを思い出していた。


【了】


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【イラスト】8/8【更新】


本日、8月8日です。

つまり、「はちの月」かつ「はちの日」です。


なんだかんだ忙しくてしばらくできなかったので、久しぶりに、当日更新!


8/8


プロフィール欄(登場者紹介)で使ってみようと描いたもの。
けども、今の方がいいかな…?実は今のやつ、結構気に入ってるから、はちだけ昔の絵のままなのです。
決して、はちだけ手を抜いてるとかそんなことは。


ついでにらくがき。

8/8

/…どういうことだ?\


来月も、できたら描きたいなー
あともうすぐお盆だから、もう1つ小話描き上げる。

しっかし暑い。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

【小話】右手に杓子を、左手に包丁を【更新】

【右手に杓子を、左手に包丁を】


「あちぃ・・・」

堂長席にうなだれるはちは、堂内の温度計を見た。すぐさま、「見るんじゃなかったぜ」と、後悔するはめになるとも知らず。

肘より手先にかけてすら、汗をかいている。日誌を書いている腕が、じっとりと机に吸いつき、タオルで拭かねばならぬ程の蒸し暑さが、黒蝶堂を覆っている。

と、突然、頭の芯をくらりと揺るがす刺激臭が、鼻の奥を突いた。
嫌な予感を覚えたはちは、匂いの原因を見つける事にした。

はちは、まっさきに台所へ向かった。
彼は、すぐに見つかった。

「…なに作ってんだ?」

しかし、彼は返事をしない。やはり、どうも様子がおかしい。
杓子を右手に、包丁を利き手に握った彼は、両の青い目で一点を凝視したまま微動だにしない。視線の先には、調理台に置かれた、どこかで見たような白いタンクがある。不審に思ったはちが、「しろ」と呼びかける

・・・寸前。

「待て待て待て!!!」

彼は反射的に、しろへと駆け寄っていた。

台所の主は、白いタンクに右手の杓子をくぐらせた。
と同時に、包丁の刃をタンクの側面に勢いよく突き刺したのであった。

「あれ、いたのですか。」

青年は笑顔で振り返った。杓子内ではオレンジ色の液体が波を打つ。
彼はタンクより引き抜いた、べっとりと油の張り付いた包丁の刃先をはちへと向けた。

顔を反らせ刃を避けたはちは、やっと気がついた。

漂う臭気の正体が、タンク内の液体・・・ガソリンだということに。

「お前、なにやってんだ!」

すると青年は、さもなげに言う。

「はちの元気が無さそうでしたので」

暑さでへばってましたよね。だから、燃料を注入すれば、なんとかなるかと。ほら、燃料と言えば、ガソリンじゃないですか。だから、慌てて買いにいって。

煮るなり焼くなりして、献立に入れ込む方法を考えてたんです。

「でも」

矢継ぎ早に言葉を紡いだしろはふっと一息入れ、右手の人差し指を立てた。

「これがなくても、エンジン全開ですね!」

「あったりまえだ!オレは、人間だ!」

「あれ、そうでしたっけ?」

「意外でした」と、とぼけるしろに、はちはため息で応答する。急上昇したボルテージが一気に冷め、口から自然と、覇気のない声が出た。

「・・・うちには車なんてねぇんだぞ。ガソリンなんざ、消費できるわけねぇだろ。」

「なら、車買いますか!」

「買わねぇっての!」

「車なら、あるわよ。」

はちを、赤い瞳が捉えた。唐突に、しろの陰より現れた少女が告げる。少女・ゆりは、両者を見渡して、

「こっちに来て頂戴。」

台所を後にし、先だって歩いていく。
青年たちは顔を見合わせながらも、彼女に従うことにした。

堂内を通り、表通りへ抜けると、青い空、白い雲、じりじりと肌を焼く日差しといった夏の背景に、古ぼけた自転車が晒されていた。どこから引っ張りだしてきたのか。自転車はずいぶんと年代物のようであり、巷の空気から浮いているかのような雰囲気を醸し出していた。

対照的に浮かない表情のはちは、彼女に問うた。

「確かに「車」だけどよ・・・」

「近い未来で、必要になるわ。」

ゆりがパンクした後輪に触れると、タイヤが適度に膨れ上がった。チェーンが自動的に噛み合い、乗り手のいないペダルが勝手に回り出す。ブレーキがきりりと返事をするかのように音を鳴らす。

と、しろが、合点を得たと手を挙げ、

「これでガソリンを返しにいけばいいんですよ!」

白いタンクを、手早く後部の荷物置き場にくくりつけた。同時に、ゆりがはちへ、自転車の鍵を渡す。

「・・・え、オレが行くのか?」

なんでオレがと、抗弁する。

が、

「貴方、少しは日焼けした方がいいわ。」

このままだと彼岸前に夏風邪をひくからと、未来を読む少女は脅すわけでもなく、淡々とした口調ではちに説明する。

一方、

「麦わら帽子と水筒も準備しましたからね!」

自転車のカゴに黒い水筒を投げ入れ、はちの頭に強引に帽子をかぶせたしろがぐっと親指を立てた。

――こいつらが組むと、自分の抵抗は意味を持たないことが多い。

はちは早々にそう察し、

「・・・わかった。行ってくればいいだろ。」

体力づくりも兼ねてな。
いまひとつ納得を得てはいなかったが、「さぁさぁ」しろに促されるままサドルに跨った。


【了】

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。