スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】さえざえとした夜 6【更新】

【さえざえとした夜 6】(5はこちら

7階、はちたちには馴染みの場所があった。この階のレストランは、はちの祖父である伊織が存命中の頃から、しばしば訪れていた場所だ。柱の陰から、そろりと中を覗く。
すると、たった一つ、灯を置いたテーブル席で手を振る者がいた。客人の動きは、こっちへくるようにとのジェスチャーだ。きょろきょろと見渡すが、自分達以外に人はいない。身構えるはちが隣に視線を送れば、隣人は姿を消していた。

「ま、クリームソーダでも飲んで。」

「いただきます!」

椅子に腰かけたしろが、細長い匙を左手に取った。

「おい!」

「貴方はクレープでも食べて落ち着きぃよ。」

タンクトップ一枚に着替えた子どもは、メニューで顔を覆い、目だけを覗かせている。はちは1階から手を変え、品を変え、洋服も雰囲気も髪型も変えて追いかけてくる子どもに、もはや賞賛すら与えたい気分であった。

「急いでるんだよ、オレ達は。」

はちは、しろの首根っこを掴み、店から出た。しろは緑色のソーダ水を片手に、

「はちの分もありますよ!」

と、甘い匂いの柔らかい食物をはちの口に突っ込んだ。生クリームの控えめな甘さとイチゴの甘酸っぱい匂いが、口から鼻に抜ける。

「これは食い逃げになるのか?」

もぐもぐと口を動かし、隣でアイスを掬っているしろに問えば、

「必要経費ってことで申請すれば大丈夫ですよ!」

彼は笑顔で、レシートと財布を見せつけてきた。

「先払いしておきましたので!」

「・・・オレの財布じゃねぇか!」

泣き出しそうなはちは、即座にしろの手から財布を掻っ攫った。「毎度どうも」と手を振る子どもが、彼らの背中を見送った。

8階の催し場では、恒常的に数々のイベントが開催される。今は、一歩も進めぬ程、足下にまでがらくたの散乱に侵されていた。何もなかった4階とは対照的に、雑多に散らかっている。段ボールに入った荷物が、所狭しと積み上げられ、封のされていない箱から、冊子を束ねた紐の一部、ケトルの口、テーブルの足、季節外れの衣服の袖やらがはみ出して、忘れられた倉庫のようだ。段ボールの山の谷間に隘路を見つけ、物を掻きわけ歩んでいく。細い路地を越えたところで、はちはしろに呼び止められた。

「なんだよ。」

振り向きもせずに返すと、目の前を黄色の鬼が横断した。足を止め、同時に息を止める。桐のレリーフが光る帽子に、くわえ煙草の煙を漂わせる彼の眼光は金色に輝き、闇の中でも輝き、異様に鋭い。掌で口を押さえるはちとしろの前、彼の手にはいつのまにか、おなじみの短筒が握られていた。彼は構えると同時、迷うことなく一点を撃ち抜いた。彼の前方、段ボールの側面に穴が空き、硝煙の匂いが、たちどころに昇った。その匂いに意識の麻痺から脱却したはちは

「おい!誰か来たらどうするんだ!」

3階ではタイミングを逃した言葉を叫んだ。
鬼桐はギロリと目をぎょろつかせる。

「堂長がいるから、撃てるんだっ!」

「・・・は?」

次の瞬間、はちの眉間には銃口が突きつけられていた。

「今宵、この店での異変に騒ぎ立てる奴はいない。そうだろ!?」

「はち、あれを見てください!」

段ボールの大通りに、はちを押し出したしろが言う。両手をあげて降参の意を示していたはちは、視線だけを彼の指さす先に向けた。撃ち抜かれた壁の脇から、わっと人影が溢れだすのが見えた。1人2人…10を越えてからは数えるのをやめた。ごそごそと動く、似た背格好の子どもたちは、蜘蛛の子を散らすように、散り散りに逃げ出していった。唖然とするはちに言葉は無い。

「外れ、か」

鬼桐は呟き、煙草をくわえなおした。どかりとその場にあぐらをかく。緊張感から解放され、はちは息を吐いた。

「・・・てめぇは、どうしてここにいるんだ?」

この店で、何が起こっているのか、自分よりも彼の方がよく知っているに違いない。眼下の鬼桐が口元を歪めると、すでに煙草の吸い口がへしゃげているのを確認できた。彼は答える事無く、立ち去るだろう。
そう予想していたはちであったが、

「ここにいるのは、鹿々苑サヱ。」

鬼桐は窓から注ぐ月光の下、ぎらぎらと光る眼を動かして第三者の気配を探りつつ質問に答えた。手にはホルダーにしまわない凶器が握られたままで、口振りは極めて冷静である。

「騒音騒動が報告された。夜の合奏に中てられて気の違った輩が巷で暴れている。騒音の原因がここにある。」

「・・・騒音と騒動に因果関係が?」

よくわかんねぇなと、そっぽを向くはちに、鬼桐は続ける。

「原因を排除する方が、手間が省ける。」

しろが左手を挙げ、

「はいはい質問です!」

と割って入った。指される前から、彼は口を開く。

「このお店が原因なんですか?」

「店じゃない、ここの憑者だよ」

鬼桐の数歩後方、現れたゴーグルの少年が、会話に加わった。鬼桐は指に煙草を挟んで、天井に向けて吐く。

「厄介な存在だ。なかなか姿を現さないっ!」

「・・・1階から、しつこく追いかけられてるんだが。」

はちが眉を顰めれば、鬼桐は動くものすべての動きを止めてしまいそうな、体を標本として張り付けにする、針に等しい眼ではちを射抜いた。

「私は先へ行かせてもらうっ!」

彼は立ち上がり、短銃をしまう。
途端、フロア全体が大きく揺れ始めた。同時に、大音量が彼らの耳を劈いた。はちはその場に座り込み、耳を手で押さえ、揺れの収まるのを待つ。だが、揺れはやむことなく、音とともに、だんだんと強まっている。両サイドの段ボールの山が揺れ、むき出しのゴルフクラブが今にも落ちてきそうだ。ここは危険だと、はちが察知した時、彼はすでにたった一人になっていた。

揺れる視界の中、しろが遠くで手招きしている。

「・・・いつの間に?」

不審がりながらも、彼は耳を押さえ、不安定な足場に足を取られぬよう慎重に、段ボールの山から抜け出した。抜けた瞬間、背後で激しい金属音が鳴った。見ると、予想とは反対側の山から巨大なフライパンが落下していた。
身の危険はいつも、予測とは反対の方角からやってくる。
彼らと合流したはちは、エレベータホールへ走る。脇の非常扉を開け、階段を駆ける。更に奥、”立入禁止”の警告看板を脇に寄せる。辿りついた終点には、鋼製の重厚な扉に、大きな南京錠が掛けられていた。外から音の塊が、扉を”音圧”で外側から押さえつけている。はちは顔面から首筋から、手足の指先まで、鈍く痺れるのを感じた。焦燥感に似た、立ち止まることが出来ず、動き回りたくなる衝動に苛まれる。その場をうろうろと徘徊し、手持ちの鞄を覗く。しかし、鍵は入っていない。どうしたものかと案じていると、前を進んだ鬼桐が、顎でカコを追いやった。カコは身を堅くして頷く。扉の前に立つと、右手の掌で南京錠を包んだ。すると、間も無く鍵が外れ、彼の手に収められた。カコはすぐに鬼桐の後ろに下がった。
無言が4者の間を流れる。
しろが、はちの脇腹を突く。

「なんだよ。」

「はちの出番ですよ。」

「なんでだよ。」

「そういうものですよ。」

「なにがだよ。」

こそこそと喋りあう彼らの間を、弾丸が飛んだ。扉に穴が空き、煙が燻った。はちは頬をひきつらせる。
3者の目が、自分の所作に注がれていると知り、首を振ってノブに手を伸ばした。静電気が指先で破裂する。反射的に手首を翻したが、周囲の目に、しぶしぶ再度挑戦する。ノブを握り、全体重をかけて外へと押しやった。体全体に音楽が鳴り響き、光が彼らを包んだ。


【続】
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】さえざえとした夜 5【更新】

【さえざえとした夜 5】 (4はこちら

稼働していないエスカレータを、徒歩で歩む。電源が切られ、センサーも無反応で動かないと頭でわかっていても、足が必要以上に前へと伸びてしまうはちである。だから、肩を掴まれ後方へ引き倒されれば、体勢は容易く崩れた。

「なにするんだ!」

踏み外した結果、狭い板の上にしろと並んだ。動悸の激しくなったはちに対し、しろは白い頭を左右に揺らし、深刻な面持ちで告ぐ。

「このエスカレータ、長いと思いませんか?」

「・・・もう、なにがなんなんだよ、この店は!」

はちは頭をかきむしった。
しかし、彼らは間も無く4階へ到達した。しろは、

「長かったように感じただけでした。」

と、舌を出した。

「・・・ハサミを持ってくればよかったな。」

半ば本心で、彼に聞こえるように呟くはちは、背負うリュックサックを前にし、中身を検めた。指に触れた物を引き上げる。すると、腕の長さほどの巨大なピンセットを掴んでいた。指が自分の意志とは反して勝手に、かちかちと先端を噛み合わせる。止めることができず、はちは左手で右の手首を握りしめ、ピンセットを振り切って引き剥がした。高音の落下音がフロアに乱反射する。未来予測の少女が、命令口調で鞄を渡してきたシーンがフラッシュバックして、音の収束とともに霧散した。

この階には、台所用品や花、文房具等を雑多に取り扱う店舗が複数あったはずなのだが。はちは、がらんどうのフロアを、目を細めて見渡す。各専門店同士の区切りは存在せず、白く太い柱が天井を支えているのがうっすらとわかるのみだ。

「ここには、なにもない。」

声は空耳だったろうか、はちは耳を触る。できればこれ以上、面倒な奴の相手はしたくないのだがと、表情を曇らせる。と、彼の耳がカラカラと小型の水車が回るに似た音を拾った。聞こえ出したと思った時、広い壁に映像が投影された。着物の母親が風呂敷片手、子どもの手を引く前を、洋装の夫婦が馬車に乗って通り過ぎる。明度の低い薄暗いベージュと黒と白からなる映像は早送りのごとく再生される。ちょんまげを結った子どもに、着流しの男性、自転車に乗った女学生に、洒落た杖をついた老人が次々に映し出されてはシーンが切り替わる。カラフルな色も音もなく、カメラを気にする者は一人としていない。

「懐かしいですね。」

「・・・何歳だっての。」

突然始まった上映会に招待された彼らは、その映像に見入った。数分後、映像の縁がよどみ始め、黒いマーブル模様の軌道に乗って走るいびつな亀裂が、人々や風景を侵食し、あっという間に画面に広がり、黒い世界になって上映会は強制的に終焉を迎えた。彼らは再度、暗がりに取り残された。が、すぐに衣擦れの音がして、彼らの前に天井からのスポットライトが照射された。

「無へはどんな言葉も無力で、無は覆せないと知れば、事象を畏れ、目を伏せ、日常への侵入を拒む。祈り、心を守ろうとする。だがしかし、なくなるのは、なくなるということではない。なにもないとは、すべてがあることを意味する。」

ライトの下の映写師は、台本を閉じる。

「・・・しつこい奴だな。」

はちは、一階から追いかけてくる子どもへ、ぽつりと呟いた。子どもは、今はツナギにベレー帽の出で立ちである。かろうじて聞き取れる声で、長台詞をぶつぶつと読み上げている。帽子の影に目を隠し、口元だけで彼らに微笑みを見せる。

「君は、なにをもって心を守るというのか!」

丸めた台本を勢いよく突き出す問いかけに、答える者があった。ベレー帽に絵筆を見せつけたのは、他でもないしろである。

「ペンは、剣よりも強し、ですよ!」

得意満面の笑みに、

「興味深い、それが君を守れるか試してみるか。」

挑発的な口ぶりの子どもは、左手で帽子を右方向にずらした。その下から出てきたのは、掌ほどの大きさの、頑丈で硬そうな、中央の細長い穴が特徴的な物体であった。そこに、握るための持ち手が嵌め込まれている。

「・・・まさか。」

はちは頬を引き攣らせた。ベレー帽が、なにをもって心を守る、すなわち、他人の命を奪おうとしているか、漠然と見当がついたからだ。ヒントはしろの言葉にあったのか?危険予測のサイレンが鳴ったはちは、構えを解かないしろの絵筆を奪い、駆けだした。目指すはエレベータホールだ。これ以上、この店にいたら身も心も持たない。なますになるよりも前、はちは叫んでいた。

「戦線離脱以外に選択肢が存在しねぇよ!」

帽子の中より出現した、鋭利な光が彼らの影を両断した。

彼らは斬りかかろうと刃物を振り回すベレー帽から、決死に逃げた。速度は落ちず、空を斬る音はすぐ後ろまで来ている。はちはやぶれかぶれにリュックを触る。すると、先程の、舌を抜くのにぴったりのピンセットが再び指に触れた。恐ろしい思いに駆られ、手を力いっぱい振り抜くと、それは手から滑り落ち、地に落下した。すると、偶然にも追跡者はそれに躓き、床に額から倒れ込み、帽子が飛び、そのまま動かなくなった。追跡者の背丈ほどの刃物が回転、床をスライドし、ぴたりと止まった。彼らはこれ幸いと5階へとエスカレータを駆け上がった。

膝を両手で押さえ、ぜえぜえと空気を肩から取り入れるはちの横目に、案内板が映った。
この階では、有名ブランドの紳士用の衣類や鞄などが取り扱われ、広めの通路を挟むと今度は、プロアスリートが試合時に使用する運動用品が、これまた社名を誇らしげに見せつけている。昼間は財布に余裕のある自称中流階級が、まったりと買い物を楽しむ、そんな雰囲気なのだろう。はちは酸素が戻ってきた脳で、自分とは縁遠い生活を想像してみるも、彼らがどんな表情をして、なにをもって物の質を確かめているのか、いま一つ像を結べなかった。敬礼の腕の位置で、フロアを見渡すしろが言う。

「はち、あっちも照らしてください。」

はちは頭を動かし、ヘルメットの光の照射地点をずらす。頼りない光ではあるが、なければ足下すらも不明瞭であるだろう。背後を気にしつつ前方へ歩を進める。天井の様子をちらちらと観察し、足が引っ掛かったと感じた箇所は何度か踏んで、安全を確認してから進んだ。隣のしろが、くすりと笑った。はちが「なんだよ」と問えば、しろは答える。

「つまらないって思ってません?」

「そんなわけがねぇだろ。」

はちは即答した。

過剰ともいえる慎重な歩みで、5階を探索している。今のところ、異常は無いが、いつどうなるかはわからないから警戒するに越したことは無いだろう。揶揄するしろに、はちは言う。

「甚だ誤解ってやつだ。」

しろは「そうですね」と大きく頷く。

「ここは5階です。後半戦ってとこですね。」

「・・・それも誤解だ。」

漢字の見える目を持つはちは、眉をひそめ、気分を変えようと外の景色を探した。が、このフロアには窓がなかった。もう夜が明けるのではないか?店に入ってから、ずいぶんと時間が経った気がした。

「ゴカイがゴカイですか?」

きょとんとするしろを連れて、あちこちを注意深く歩き、異常のないことを確認すると、そのまま階段室へ進んだ。追ってくるものもなければ、空より降ってくるものもない。響くのは2人分の足音だけであった。

6階の階段室から出ると、すぐに楽器屋があった。フロア全体の半分以上を占める店は、壁も床も、全面楽器で埋め尽くされ、本棚にはスコアの山が隆起する。
「音楽」と考えるだけで、はちは頭が痛くなる。夜ごとに聞こえる「音楽」が、仮にここから聞こえてくるのならば、演奏者に一言言わなければ気が済まなかった。
――いや、言わなくてもいいかと、はちは考えを改める。演奏さえ止めてもらえれば、その人物がどんな生活を送っていようが、どんな考えを持っていようがなど、どうでもよかった。だから、楽器屋を一瞥したとき、はちは、しろに尋ねた。

「・・・ここの店は移転したんだったか?」

「いえ、ここはずっと音楽のお店ですよ。」

しろの目にも、戸惑いの色が浮かんだ。
無いのだ。この街の高校生がバンドでもやってみるかと思い立ち、勢いで店にやってきたとしても、ある程度は賄える台数のギターも、昔を懐かしんで冷やかしにきただけの経験者を満足させる程の種類豊富なピアノも、どこの民族の祭事に用いるかと、店員へ訊ねそうな使途不明の楽器も、オーケストラが結成できそうな程の弦楽器、金管楽器の群れも、どこにも無かった。本棚から溢れんばかりに入荷していた楽譜は見当たらず、棚はすっかり空になっている。楽器の支柱は、S字のフックと共に駕篭に入れられ、譜面台は店の隅にまとめて寄せられている。

「・・・全商品を入れ替えるのか?」

はちは思いつく限りを口にする。

「お客さんはびっくりするでしょうね。」

しろは首を傾げた。
その後、彼らは店を探索したが、音を奏でるためのなにかしらの物は、店の裏側に設けられたスタッフ用の倉庫も含めて、見つける事は出来なかった。喫茶室での男の話を思い出したはちは、否定するように呟く。

「・・・幽霊なんざ、存在しねぇっての。」


【続】

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。