【小話】深緑の旅人【更新】

新刊と古書の間、幾多の人間の手を渡り歩いて黒蝶堂にやってくる本たち。その群れの中には、顔見知りの奴が紛れていることもある。

「飽きもせず今日もそこに座っているのかね、堂長。」

「・・・当然だろうが。これが、オレの仕事だっての。」

目をつぶった。自分は視力が弱いから、見間違えても仕方のないことだ。買い取った書物を棚に並べようとしたら、手が滑って地上に落下した。その拍子に、表紙に描かれた影がみるみる床を浸食し、目の前で深々とお辞儀をする、背の高いシルクハットの人物を形作った。正体不明の現象に、持病の頭痛がひどくなるが、それでも会話は続いていく。

「すばらしい景色を見てきたんだよ。」

頭上いっぱいに広がる晴れ渡る空の向こうには、深い緑で縁取られた起伏ある山脈、眼下の村から繋がるたった一本の曲がりくねった舗装のされていない道路を、荷台に土まみれの野菜を積んだ軽トラックがのろのろと登ってきて、時折訪れる客人のために店主が腕を振るい、夕暮れとともに一日が終わりを迎える。私は人の目を盗んでは寝室から抜け出して、澄んだ空気を全身で味わって、夜は星空を見上げていつの間にか眠っていることも多かった。空が藍色になったかと思うと、まもなく白んできて、日が昇り、また一日が始まる。そんな毎日を送っていた。

シルクハットは、咳払いをして目を細める。

「・・・気に入ったのなら、ずっといりゃあよかったじゃねぇか。」

「そういうわけにもいかない。私はひとところには留まれない。」

「・・・それなら、なんでてめぇはここに戻ってきてるんだっての。」

「知っているか?旅人は、帰る場所があるから旅ができるんだ。」

「・・・わけがわからねぇ。」

こう言うときに限って、会話が繋がりそうな白い同居人は外出中である。旅人を旅人にしてくれる、あわよくば、あちこちを転々とさせてくれる客人が早く来ればいいのにと思う。繋がらない会話は、なかなかに疲れるものだからだ。書物を拾い上げて棚の端に寄せると、もっと広いところに置けと文句が出た。特別に、陽が照りつけるところに置いてやろうと決意し、黒蝶堂の扉を開けた。

【了】

スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】魔法のしろい粉【更新】

主の愛用器具と愛用調味料によって、彼の手狭な城は護衛されている。部外者の自分が立ち入る隙は少しもなく、磨かれた銀色に自分の顔が映ることを確認するにとどまる。調理台の奥に立てかけられていた、ビニール袋に入った彼特製の白い粉が、さらさらと容器に移される。

「これさえあれば、なんだって作れちゃうんですよ。」

「・・・いったいなにからできてるのか、聞くのも怖ぇ。」

「おいしくできますようにの、おまじない入りです!」

「・・・呪詛の間違いじゃねぇのか?」

「まぁ、呪詛なんざ非科学的なもんが存在するわけがねぇけどな」と続ければ、「気持ちは、時に科学の限界を突破するんですよ!」と、返ってきた。意味がわからねぇと、ため息をつけば、にこっと聞こえそうなほどの笑みが向けられる。その底抜けの笑みがなにを物語っているのか、真意を読みとるのが怖くもある。
彼が小脇に抱えたボウルの中で、卵色の液体が泡立て器にからめとられ、こぎみよい音を立てる。目下、城の主は昼食の準備中である。対して自分は、料理の完成するのをぼんやり待っている。彼の手伝いをしようとは、少しもみじんも思わない。こともなげに進めている彼の動きが、意外とコツが必要であり、自分には向いていない作業であると言うことを過去、身をもって証明してしまったことがあるからだ。あっけにとられ動作を停止した幼い頃の白い彼と、慌ててタオルを取りに行こうとするも、床板にぶちまけられた液体に足を取られ、転倒する灰色の頭が、液体にまみれた前髪の隙間からぼんやりと見えた記憶は、どれほど昔に記録されたものだろうか。懐かしさより、なぜ未だに覚えているのかという疑問が先立つ。右手を振って視界から過去を消すと、すでに種はフライパンに流し入れられ、ふつふつと膨らんでいる段階であった。

「そんなに見てなくても、大丈夫ですよ。」

しろの手には、冷蔵庫から取り出したベーコンと卵がある。

「・・・なにがオレには足りねぇんだろうな。」

腰に手を当て、ふぅと息を吐く。簡単そうに見えるが、いざ自分がやるとなると、うまくいった試しがない。まさか本当に、おまじないとやらが効いているのか?いや、ありえねぇな。とはいっても、ほぼ同じ時間を同じ場所で生きているにもかかわらず、この埋めようのない差はどこから生じたのか。どのタイミングで料理に目覚めれば、今の彼に追いつく未来があったのだろうか。宙を舞ったそれがサラダの盛りつけられた皿に乗り、その直径から寸分違わず、フライ返しですくわれた目玉焼き及びベーコンが着地する。フォークとナイフの重みを感じ、「さぁ、運んで下さい!」と2皿を両の掌で示される。やれやれと、力なく首を振ることしかできない。カラの皿たちが人知れず仰向けにされた自分の両手に乗せられたことにも、その皿たちにフライパンから飛び出た料理が次々と重ねられたことにも、料理の上に色違いの食器が配置されたことにも、今更ながらに気がついた。彼にはきっと、かなわない。

【了】


テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】薄雲の洞窟【更新】

長い長いトンネルの先には、きっと、いいことがあるんですよ。

しろが脈絡のない話を持ちかけて来るのは、もはやお家芸と言っても良い。

…トンネルっつっても、色々種類があるだろ。

それに付き合うのは、脈絡を少しでも持たせたいから、ではない。こんにゃくに針金を埋め込んで人型を作り、ダンスをステップから指導する…そんな慈愛は持ち合わせがない。単に、暇つぶしになるからだ。なにせ、ここには、だらだらと流れる時間だけはある。

はちのトンネルは薄暗くて寒そうですね。分岐も少なさそうですし。

…オレは、既存のやつで十分だ。

自分で掘って行くなんざ、疲れてかなわねぇよと肩をすくめれば、

大丈夫です。スコップとヘルメットは準備しておきましたから!

と、黒蝶堂の文字が刻まれた道具をどこからか取り出し、ヘルメットをかぶりスコップの縁に足を掛けた。

安全第一で、怖れず進んでいきましょう!

ヘルメットに取り付けられた電球が、鋭く点滅し、思わず目を閉じた。

【了】

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】氷上の違和感【更新】

…なんか、妙なんだよな。

レンズを通して見る世界は、いつもと同じ乱雑な黒蝶堂だ。オリエンタルな文様の施された花瓶が転がり、壁掛けの時計が複数個、思い思いに時間を数え、巻物の類は飴色の傘立てにつっこまれている。片付けても片付かないと、しろが嘆いていたのを思い出す。祖父の代からそうなのだから諦めろと忠告すれば、綺麗にするのが僕の使命ですと、腕まくりをした彼の携えた騒音発生器ならぬゴミ取りマシーンが更に唸り声をあげたのだった。そもそも、この店にいるものとそれ以外とはどちらが多いのだろうかとすら思うほど、黒蝶堂にはガラクタが溢れかえっている。それでも時折ふらりとやってくる客人が、彼らを連れて帰ってくれるから、需要と供給の不可思議さに首をひねることもあるのだが。

それはさておき。

今日は朝から何かがおかしい。頭上や後方から、誰かの視線を感じるのである。見られている感覚は、人間を20年とそこらやってきて身につけた、気配察知能力であり、幼い頃に厄介な同居人が登場し、黒蝶堂に戻ってきて謎の少女の存在が出現したこともあり、より鋭く研ぎ澄まされてきた。今は書棚に少女の姿は無く、同居人も風呂場の掃除をしている。他に客は無く、自分だけの空間である。

にも、かかわらずだ。

視野の有効範囲よりほんの少しだけ外側に、自分以外の何者かが居る。しろの視線は光沢が眩しいから違うし、ゆりの視線は冷ややかな温度がある。あくまでもののたとえだが。今ここに居るやつは違う。居るだけで、指を指してきたりケラケラと笑ったりはしない。佇み、生気の無い瞳で髪の毛の先が揺れるのをじっと見て居る。言うなれば、そんな存在が近くに居る。ありえねぇと思えば思うほど、首筋が伸び、顎が引かれる。

存外詩人ですよね、はちって。

…勝手に人の心を読むなっての。

背後からの声に、肩がびくりとはじかれた。斜め45度で見やれば、キラキラ光る青い瞳とかち合った。あまりに眩しく、手を額に傘を作り、目を細める。本当に、瞳の奥に光源の泉が湧いているかのようだ。青い洞窟内の、白い氷を彷彿とさせた。

はち、心配しなくて大丈夫ですよ!

…誰がなにを心配してるって言うんだ。

右肩が痛くても、大丈夫です!

な…!

何故ばれたのか。起床後から右肩に、異様な重みを感じていた。気のせいだと言い聞かせ、仕草にも出さなかったと言うのに。

僕から降りてもらうよう、お願いしておきますから。

そう言うとしろは上着のポケットから短冊状の紙を取り出し、なにかを書き連ね、額に貼り付けてきた。接着面がむず痒い。

そんな時、客人が現れた。まずいと思ったが時すでに遅く、バッチリ目があってしまった。客人は脇目も振らず駆け寄ってきて、その紙を束でくださいと請願してきた。しろが差し出し、お代を受け取る。去っていく客人の背中を見送り、額の紙を剥ぎ取った。そこに書いてある文字を追い、ため息をついた。なんと非現実的なのか。だがいつの間にか、肩の痛みも謎の視線も消え去っていた。

【了】

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

【小話】藍色ホール【更新】

見えないんですか?

…一体、どこがだ?

1時間前を最後に、客人の姿は確認出来ていない。堂長席で口元を手の甲でぬぐった主は、ぐらぐらと揺れる思考を支えるために頬杖をつき、深いため息を吐いた。席の前に立つ、お盆を胸にニコニコと笑みを浮かべる白い男をぼんやり眺める。すると彼は左足を前方に伸ばし、人差し指で床を軽やかに叩くような仕草をした。視線を追わせれば、しろは、違いますよと目を細めた。

穴が空いてますよ、ほら。

声に促され、あぁ自分のことかと椅子を引く。膝から下を、足を裏に表に向きを変え確認する。異常は無い。上着を引っ張り向こう側の世界を透かす。立ち上がり、体を捻る。やはり、異常は無い。

後で修繕しておきますから。

しろは人差し指を立てると、にっと笑って脇を通り過ぎて行った。一体、どこに空いてるって言うんだ。

【了】

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中