スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のあと まとめver.

注意:最新更新は、この下の記事からですv

こんばんは!
現在更新中の【夢のあと】を、途中までまとめてみました。

まさかこんなに長々描くとは思ってませんでしたが、
展開はまずまず進んでいくので、お暇な方はぜひぜひ読んでいってくださいv

最新の更新分は、この記事のすぐ下に載せておきます。


【主な登場者】

はちアイコン
茶色⇒堂長:はち
shiro2.png
青⇒副長:しろ
ゆりアイコン

ピンク⇒黒蝶堂憑者:ゆり

【はちの月企画 一日一短編】

お題⑬『夢のあと』


「何してんだ?」

昼食後の一時。
堂長席で茶を啜っていたはちの目に、ガタガタと音を立てている白い青年が映っていた。
青年は、にこりと笑い、物置からひっぱりだしてきたと思われるはしごを、堂長席向かいの通路に固定した。
訝しげなはちの視線を全く意に介す様子もなく、軽い足取りで登ると、

「確かこの棚の、上から2番目、右から12番目の…あ、ありました。」

一冊の本を片手に、すぐさま地上へ復帰した。

「何だそりゃ?」

青年は、再びにこりと笑い、はちの席へ接近しながら、古ぼけた表紙に一息かけた。
舞う埃に、思わずくしゃみをしたはちの前で、ページをめくり始める。
そして、一枚一枚暴いていく指の動きが、中間地点で止まった。
同時に、止まらなくなっていたくしゃみがやっと引いたはちが、涙目で青年を睨みつけた。

「おい、一体何が何だっつーんだ!」

「はち、見てください!」

少々苛立つはちの鼻先、青年・しろは、長方形の用紙を広げて突きつけた。

「何だ…おもちゃ銀行券か。」

目を細め、ピントを合わせるはちにしろは人差し指を立て、

「ほら、今は懐かしい二千円札ですよ!やっぱり、あの夢は本当だったんです!」

興奮冷めやらぬ様子で、紙幣を掲げた姿勢で、その場でくるくると回った。

「おい、狭ぇんだからやめろ!」

はちの忠告にも耳を貸さず、くるくると回り続けるしろ。
しろが紙幣に加え、席上に置いた本にも手をとろうとした瞬間、

「あっ」

っとバランスを崩し、転倒した。
器用なほどにはしごを巻き込みつつ、派手な音を立てながら後方へ倒れるしろ。
そのはしごは棚をかすめ、その結果、さらに数十冊の本が落下し、
あっという間にしろとはしごを覆ってしまった。

その衝撃音に、店頭を歩く人々が驚きの表情で店の中を覗きこんでくる。

埃の舞う空間と惨状を前に、はちは

「見るならこのバカたれじゃなくて、商品の一つでも見てほしいもんだな…。」

本の山と化した元・居候に元・はしご、
そして、元・通路を見ながら、軽く現実逃避をした後、
長い永い溜息をついた。

「わかってるよ。これを片づけるのは、オレの役目だって事くらいな。」



堂内奥間にて。

「奇跡が起こったんです!」

と騒ぐ彼が、自身の治療費と巻き添えになった本の修繕費、それに、棚の修理費の合計が
2000円札一枚ぽっちでは到底賄えないという事実を知れば、少しは静かになるだろうか。

いや、

「奇跡はお金じゃ計れないんですよ!」

と主張し始めるしろの姿が目に浮かぶから、この台詞は逆効果だろう。
そんな結論に達したはちが、

「君の行動理由とその目的及び経過について、要点だけ、簡潔に詳しく述べよ。」

と、医療箱片手に、感情を切った声音で問えば、
しろは異様なほどキラキラと輝く瞳を、はちへと向けた。

「真黒い犬がいて、ふわふわーな毛並みをずっと堪能してて、すっごく可愛かったんです。」

一般人にとっては大げさとも思える身振り手振りと、感情豊かな声で応えている。
はちはふぅむ、と腕を組み、首を傾げた。
そう。
熱意は火傷しそうなほど伝わるのだが、

打ち所が悪かったのか、
手当に失敗したのか、
運悪く神経が切れたのか。

誠に的を得ない、かつ文法もむちゃくちゃな表現に、はちは脳内がかき乱されるような感覚を覚える。
突発的頭痛に眉根をひそめながらも、

「んな説明じゃ、お前の行動理由につながらねぇよ。」

と返せば、

「すごく利口なわんこでしたから、はちって名前ではありませんでしたね。」

更に不可解なヒントが与えられた。

「話は見えんが、バカにされた事はわかったぞ。」

「はちは話が目に見えるんですか!?その眼片方だけ下さい!」

「やらん!自前のがあるだろうが!」

話の通じぬ人間の相手ほど、疲れるものは無いな。
はちの口から、深い深いため息が漏れた。



「そう!ぼく、昨晩夢を見たんです!」

はちは現在、その詳細を聞き出そうと、四苦八苦しているところである。

「気づいたら枕の下で、黒い犬が眠っていてですね。」

「そんな高さのある枕じゃ、首が痛くなるだろ。」

当然だが、黒蝶堂に犬はいない。
いるのは、犬のような名前の2人。

「触っていたら、余りの手触りのよさに眠ってしまいそうになりまして。
実際少し眠ってしまったようで。」


「夢の中でも眠るなんざ、明らかに過剰睡眠だ。」

「でも、一晩で二晩分眠れるなら、かなりお得だと思いませんか?」

楽しそうに話すしろの隣、
はちが、何度目かの溜め息を漏らす。

「違う。お前は一晩で、三晩分以上の睡眠をしたんだよ。」

しろは、身振り手振りの動作をピタリと止める。
はちの台詞に、理解が追いついていかないようだ。

はちは脳内で思考を整理する。
夢の中の夢の中で眠りに落ちれば、合計は3回になる。
黒蝶堂に犬はいないから、現実世界において黒い犬は、枕の下には眠れない。
だから黒い犬は、しろが見た夢の中に登場したわけである。

つまり、現実世界で眠ったしろは、黒い犬を枕に眠りにつくという夢を見て。
夢の中のしろは、ふとした瞬間に犬に気付き、触っている内、再々度眠りに落ちた。

もしくは、気付いたのではなく、”気付いたという夢”を夢の中で見ていたのかもしれない。

最短ルートで行くと、夢の中の夢の中で、わずかな覚醒の後、眠った。
つまり、眠ったのは三回分。

この場合、三度目の睡眠は、一度目の夢の継続ともとれる。
二度目の夢の二度寝を、一晩分と数えるのは強引か。

いや、二度目とは限らないのか。
どのタイミングで黒い犬を枕にしたかは不明だから、いずれにせよ、少なくとも三晩分。
もしくは、それ以上か。

「…いろんな意味で、器用な奴だな。」

はちは深く考えない様にした。所詮は夢の話。
合わせ鏡は、無数の世界を作りだす。
それと似たようなものか。

そんな核心に迫れない、無意味ともとれるやりとりの最中。
ゆりがどこからともなく、かつ、音も無く現れた。

「しろ、それ、もしかして暴力?」

「おっ、驚かせるんじゃねぇよ!」

姿勢を崩し、がたりと音を立てるはちに、ゆりは少しも視線を寄こすそぶりはない。
少女は目を見開き、恐る恐るしろのガーゼが貼られた頬に手を伸ばす。

はちは思う。
切り揃えられた前髪の下、普段から白い顔色が、いつも以上に優れない気がするのは、気のせいか。

と、しろはしゃがみこみ、ゆりの右手を自らの左手で覆った。

「大丈夫ですよ。このくらい、大したことないのです。」

はちは思う。
しろがにこりと笑うと、ゆりの目に浮かんでいた、僅かな動揺が、だんだん収まってきた、
ような気がする、と。

一度目を閉じ、ゆっくりと開いたゆりは

「そう、大事にね。」

はちは思う。
普段よりも、数段穏やかな口ぶりで、しろを気遣ったような気がする、と。

全部が気のせいだと言われれば、そうなのだが。
ちょっといい話か?と問われれば、
「それはそう見えるだけで気のせいだ。」
と断言してやる。

と、完全に存在が空気と化しているはちは、内心、意地悪く毒づく。
ゆりは、

「ちょっと出てくるわ。」

と、誰の返事も待たず、いつも通りの、全く迷いの無い足取りで歩んでいった。
もちろん、はちには一瞥もくれずに。

そんな少女の後ろ姿を見送ったはちが、後頭部を右手で乱雑に掻く。
2人分の茶を淹れたしろが、はちの向かいに座った。

一口啜ると、はちは仕切り直しをかけた。

「…で、話の続きだが。」

しろは人差し指を立て、

「そう!ぼく、昨晩夢を見たんです。」

「そこからか!?」

仕切り直しは、失敗に終わったようだ。



「黒い犬は、僕の前を数歩歩いて、途中で振り返るんです。
ふわふわでかわいかったですし、おもしろそうだったので、ついていってみたんです。」


茶菓子のせんべいに、しろが手を伸ばしながら話す。

「面倒なことになるんだから、怪しいもんには近づくなって、いつも言ってんだろ。」

はちは、夢の中のしろの行動に苦言を呈し、茶をもう一口啜った。

はちにとっての厄介事は、たいていの場合、白色の彼からもたらせる事がほとんどであり、
逆を言えば、彼の行動さえ制限してしまえば、安寧を手に入れられるという意味を示すのだが。

はちは、未だ、彼の持ちこむトラブルに巻き込まれ続けているのが現状である。

「着いて行くと、本棚の前で犬が2度、ワンワンって鳴いたんです。」

ぱりぱりと、米菓子が米粉へ戻っていく。

「2×ワンワンって事か?」

「逆ですよ。ワンワンだから2度。
1+1=田の理論を応用すれば、1×2=犬が成り立ちます。」


言いながら、小分けに袋詰めされたせんべいの、二袋目の封は切られた。
文字が見える目を持つはちは、式に含まれる違和感を、即座に指摘する。

「1=oneに置き換えねぇと、その式は成立しないぜ。それにしても。」

はちはそこで言葉を切る。

「使い古された、なんともくだらねぇ話だ。」

すると、しろは目を細め、

「でも、この考え方が通じるって、同じ世界に住んでるからなんですよね。」

と笑う。
返事の代わりに、訝しげな表情を浮かべたはちは

「…それで?」

と先を促した。

「わんちゃんは階段を下りて、店の方に走ったんです。で、本棚の上の方を暫く見上げて
いたんですが、突然、前足でガリガリと。まるで、棚で爪とぎをしているみたいでした。」


順序立てて説明できるようになりつつあるしろに、はちは安堵する。
その成長に免じて、

「爪とぎをするのは、普通は猫だ。」

と、喉元まで上がってきたツッコミを飲み込む。
話が波に乗ってきたしろは、両手を大きく広げ、朗らかな笑顔と共に、

「それから、天井に向かって走り出したんです。」

びしりと、例の本棚、正しくはその天井付近を指差した。

「は?」

はちの安堵は、一瞬にして霧消した。

「だから、わんちゃんが本棚を駆けあがってですね。」

「ちょい、ちょっと待て。その犬は、重力を無視したのか?」

はちは自らの耳を疑い、遮る。

「そんな細かい事、どうだっていいじゃないですか。」

どうやら、聞き間違いではないようだ。
腑に落ちないはちは、

「…特に細かくも無いと思うが。」

と、抵抗の意を示す。
が、

「疑り深いと、人間不信になりますよ。」

笑顔での指摘に、はちは口をつぐまざるを得なかった。

「わんちゃんは一冊の本を前足で指し示したんです。
だから、ぼくは脚立でそれを取って…ってとこで目が覚めたんです。」


「だから夢を真に受けて、本を探してたってのか。」

呆れたと言わんばかりの、嘲笑とも苦笑いともとれる表情がはちに浮かぶ。
一方、しろは目を輝かせる。

「だから、二千円札を見つけた時、本当にびっくりしたんです。」

「単なる偶然じゃねぇの?それか、その夢自体が後付けなのかもしれねぇ。」

「どういうことですか?」

「後からお前が作り上げた物語で、それを夢って錯覚してる可能性だ。」

疑問符の浮かぶしろの向かい、
はちは腕を組み、しかめ面を更に険しくした。

「あるいは、二千円札を前もって仕込んでおいて、オレをだまそうとしてるのかもしれねぇし…
そもそも、夢ってのは現実を整理するために見てるもんだから、実際に起った事なのか…?それとも…」


ぶつくさと呪文のように唱えるはちを前に、しろは目をぱちくりと見開き、指を折る。

「…何数えてんだ?」

「いえ、はちの”仮説”と言う名の”杞憂”をですね…」

「…いつもお前を相手にしてると、イヤでもこんな性格になるっての。」

嫌味の意を込めて、一単語を区切って伝えようとするはち。
だが、彼の意向は、

「二つ、三つ…えっと、あと他にルートがありましたっけ?」

指折りに夢中になっているしろの前に、あっさりと降伏した。
しろは笑う。

「はちって、石橋を叩いて破壊したうえで、
『おい、渡れねぇんだけど!』って叫んで、回り道を探し始めるタイプですよね。」


「んな簡単に、石橋は壊れねぇよ。それに、オレは危ない橋は渡らねぇ。」

不機嫌そうにはちはそっぽを向き言い放つと、随分と温くなった茶をすする。
その時、しろの瞳がきらりと輝いた。

「そんな何かとついて無い方に朗報です!
これがあれば、あなたにもすぐ幸福が音ズレます!」


「今の生活が、すでに不協和音を奏でてるだろうが。」

はちの自虐的なツッコミが飛ぶ。

それを華麗にスルーしたしろは、怪しげな謳い文句と共に、ゴソゴソと上着を探り、
一枚の紙切れを頭上に掲示した。

「これで、はちも僕の言った事が真実だとわかるはずです。」

手に収まる程度の厚紙。
中央には、草原を駆ける黒い犬の姿が描かれていた。

「これを枕の下に敷いて眠ると、次の日にはラッキーな出来事がおこるのです!」

胸を張って言いきるしろの頬に、白い包帯がはためいた。

夜。

「信じてねぇわけじゃねぇけどよ。」

誰にともなく言った後、はちは昼間に半ば強引に押し付けられた厚紙を、
静かに寝床へ忍ばせた。

「こんなもんで幸せになれるなら、100枚でも10000枚でも積み上げてやるさ。」

湧き出してくる可能性を強引に押し込め、
半信半疑、絵を枕の下に埋め込んだはちは、ぱちぱちぱちとコードを引いて
電気を消した。

睡魔が彼を食べつくすまで、さほどの時間は要さなかった。

気付けば、はちは、だだっ広い草原の中央で寝転んでいた。

膝ほどの高さの青い草原に混じり、黄色い菜の花が風に揺れる。
空は突き抜けるほど青く、浮かぶ白い雲は混じりけのない入道雲。
背の高い建物はおろか、人工物一つ見当たらない。

ここが世界の果てといっても、しろなら信じてしまいそうな空間である。

「広いな・・・ここは、オレの夢の中、か・・・。」

眠っているはずであるのに、意識はやけにはっきりしている。
穏やかな風が頬を撫ぜ、さらさらと草木の揺れる音が耳に心地よい。

暫くぼんやりとしていたが、うとうとと再び睡魔が襲ってきた。

はちは右頬をたたく。
そして立ち上がり、体の埃を軽く払い落とした後、メガネを人差し指で押し上げた。

夢の中で夢の中に落ちるなんてややこしい事、しろじゃあるまいし、オレは勘弁願いたいね。

背伸びを一つすると、世界はどこまでも続いていきそうな予感すらした。

その時。
黄色い草原の波に呑まれた、白い塊が視界に止まった。
じっと目を凝らすと、それと目が合う。

いやな予感が、汗となって背筋を伝う。

その途端。
自らの巨体をぶるぶると奮わせ始めた白い塊。

「ちょ、ちょっと待て!」

はちの静止も聞かず、彼(彼女?)は猛スピードではちとの間合いをつめてきた。
目も追いつかぬ速度と、身軽なフットワークで白い物体に
突進されたはちは、為す術も見つからぬ内に、腰を激しく地上に強打した。

「痛ってぇ・・・。」

後頭部が感じたのは、草原を覆う柔らかい土の匂い・・・ではなく、
凹凸のある、石のような硬度の衝撃であった。
数秒間はたまた、数分間、意識を失っていたらしく、
目を開けると、倒れた際に火花を散らせた自分の姿がフラッシュバックする。

若干の、脳しんとうの症状。

今この場が夢か現かは不明だが、その鈍い痛みだけは、現実味が非常に濃い。

辺りはなぜか暗い。そして、外気は少々肌寒い。

衝突の際吹き飛んだと思われるメガネを手探りで探し、掛け直す。
ブレた意識同士が再度手を繋いだ時、視界が徐々にしかし確実に定まっていく。

はちは気付いた。

カーテンの隙間から注いでくる月光に照らされた室内。

自分の座るは一組の布団、天井を支配する、コードの垂れ下がった電灯と
枕元の小さな戸棚。

見覚えのある風景だ。

隣室と、この部屋を結ぶ足元の金属製のレールは、先程自分が倒れていた位置と一致する。
痛みが蘇ったのか、苦々しい表情でそれを睨みつけたはちは、布団の上に上体を投げ出し

「・・・ひでぇ悪夢だったな。」

”黒蝶堂2階の自室”で、ゆっくりと息を吐いた。


【続】


短編がんばるぞ!ってことで、ランキングですv
気が向いたら、おしてやってください。



fc2ブログで当ブログは何位でしょうか…

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング!

拍手・感想・苦情等は以下のアイコンよりどうぞ!
拍手だけでも大歓迎v
お返事は
次の記事でしてます(*´∀`*)

スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。