白骨取扱専門店黒蝶堂 6


部屋に戻ろうとした時、背後から呻くような声が聞こえた。
声の主はおそらく、宝探しの途中で温泉を掘り当てるという、なんとも陳腐な設定を自らの手で作り上げてしまった青年、しろである事は想像に難くない。

だからこそ、これ以上関わりを持ちたくないのである。
だが、かと言って、しろを家から閉め出すわけにもいかない。

彼を追い出す権限を、オレは持っていない、とはちは溜息一つ。

縁側に座り、自分の頬をつねると痛い。うすうす感じてはいたが、これは夢ではないのか。

「はち、ご飯持ってきてくれませんか?」

悶々と思考の渦に落ちて行きそうになるはちの隣に、しろが顔をのぞかせた。青い袖より覗く左手に握られた白い箸。
その先に、白くて細長い物体が挟まれている。
まさか。

「…お前、骨が喉にひっかかったなんて、言うわけじゃねぇよな…?」

「わさびと醤油があれば、もっと美味しくいただけたのですが…」

しょぼんと声が聞こえそうな、しろのへこみ具合が彼の触角とも言える白い髪に顕れている。それを抜いてやったらどうなるだろう。

…だめか。はちは思い直す。

今でもねじがぶっ飛んでるやつだ。
これ以上抜けては、こいつは人間の形を保てなくなるかもしれない。

「…馬鹿か。」

不明瞭な幻想を抱えた自分に言い聞かせるように呟くと、はちは池から地上にあふれ出、浅瀬で泳いでいる骨だけの魚たちの脇を通り過ぎた。
これを食ってみようと思う人間がすぐ近くに入るなんざ、世界は随分広くなったもんだ。

「だってお腹すいてたんですもん!」

「…確かに腹は減ったな。」


タイミング良く、両者の腹の音が鳴った。

今日は昼食抜きの日である。
最近の売り上げがいつにもましてほぼ地上に腹ばいの状態であるから、一日二食制度を取り入れているのだ。
といっても、食べ盛りの年代である二人にとっての食は重要で。
水だけで過ごす昼食は味気なく、立ち上がる事さえ面倒に感じるほど、足に力が入らない。

しかしながら、はちはその骨たちを食べようという気はさらさらない。

「…ひとまずその箸を置け。」

「案ずる事は無いわ。」

いつの間にか、縁側に立つ少女が言った。手には板チョコレートを持ち、それを白い歯で齧る。
はちの腹が、もう一度鳴った。

少女・ゆりは、それに取り合うはずも無く、淡々と続けた。

「あなたたちの空腹は、間もなく消滅する。」



その晩。
黒蝶堂の未来を決定づける、大変な岐路に立っていた。
いや、実際には三者三様、円卓を囲み、座って夕食を食べていた時である。

たまたま放映されていたバラエティ番組を何の気なしに見ていた居間での出来事。

白い粉末状の怪しい薬にも見える粉がテレビに映っていた。
しろとはちはぼんやりと、その映像を網膜に流し続ける。
その間で、ゆりが黙々と白米を口に運んでいる。

「面白い事が、起きそうね。」

まったくもってこの世に楽しいという感情など存在するはずもない、あるなら私の前で証明して頂戴、と言わんばかりの冷淡な口調で、彼女は指摘した。

彼女の指摘に対し、首を傾げるしろに、眉をひそめるはち。
米は、もうすぐ底を尽きそうである。
面白い、など感じる余裕は、ある程度満たされた人間が得るもので、明日の食さえ確保できない彼らにとって、いまいちピンとこない。

司会のアナウンサーが、ばばん!との効果音とともにフリップを出した。

「再度注目を集めているのが、このカルシウム!イワシや魚の骨に含まれていて、皆さんもよくご存知かと思いますが、実はこれ、恐ろしい程に美容と健康に効果的という事が、先日の学会で証明されたのです!」

効用について滔々と流れる様に述べた。美しい女性が次々と現れ、すべてカルシウムのおかげです、と手なれた感じに嘘を吐いていく。
問い合わせが殺到している、と彼女は喜んだ。あぁ、左上にライブの文字が浮かぶのを、はちはやっと気付いた。

同時に、隣に座るしろの目が、キラキラと光りを取り戻すのが分かった。

「これですよ、これ!」

「あ?何がどうあれなんだ?」

「察しのいい子は嫌いじゃないわ。」

ゆりは、不敵な笑みを浮かべた。

【続】

続き⇒ 白骨取扱専門店黒蝶堂 7(完)
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中