スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】”感”と”勘”【更新】

【”感”と”勘”】

宵闇の中、彼女の眼下に割り込んだ白い車体。頭上に光る赤いテールランプが彼女の瞳に反射して、まるで彼女の眼球そのものが赤く光を放っているかのようで。
部外者の車たちが泥を跳ね、ハンドルを強引に切り、走り抜けていく。

雨足が、一層強くなってきた。

「傘くらい、持ってくるべきだぞ。」

「なぜ、貴方がここに?」

「もちろん、直感だぞ。」

「「感」じゃなくて、「勘」でしょう?」

「だからそうだ・・・ん?違うのか?」

彼女の隣。青紫色の発光体を背後に漂わせ、番傘を傾けるツインテールの少女は不可思議そうな顔で、姿を現した。

「お前の難しい理屈は理解不能だぞ。」

「雨の日は事故が多い・・・そんな簡単な推測さえ、貴方には不要なのね。」

「だって、わかっちゃうんだぞ。」

特に、こどもの場合はな。
少女・牡丹はそう付け足しながら、視線を移す。

担架が足早に運ばれていく。掛けられた布が小高く盛り上がり、救急車へ呑み込まれていった。

救急隊員の足下には、鉄屑と化した自転車が、ひしゃげたままに転がっている。へし折られたビニール傘の隣で、雨に打たれている。スクール鞄から飛び出た生徒手帳が濡れ、男子生徒の顔写真が、ゆっくりと暗く溶けていく。

「”また”、予知したのか?」

牡丹はゆりを見やり、問うた。
この場で事故が起きることも、犠牲者が出ることも、彼女には事前に分かっていたのか。だから、誰よりも先にこの、事故が「一番よく見える」場所にいることが出来ているのか、と。
疑うのでもなく訝るのでもなく、まっすぐに目を向けてくる牡丹に、ゆりは無感動な声で、

「推測よ、あくまでも。」

”事故の発生数分前から現場に居り、衝突した瞬間も目撃した”ことは告白せず、腕を組み、目を伏せた。

「だったら、なんとかできたんじゃないのか?」

「結果は同じよ。」

ここで防いだところで、次の大通りで、今度は右折車に衝突される。それを避けれども、また次の通りで。ゆりの推測が弾き出す答えは、ただ一つ。

――彼は今宵、いずれかの車と衝突する。

「それに、忘れたのかしら?」

私たちは通常、彼らに認識されない存在だと言うことを。
ゆりの台詞を受けた牡丹はピシリと固まり、「そうだったんだぞ」と、覇気無く答えた。

「せめて、奴らがあたしらに気づけばなぁ。」

嘆息を漏らしながら、ブーツのかかとをアスファルトで鳴らし、牡丹は現場に背を向けた。

「戻るのかしら?」

彼女の憑場、深見ヶ原墓地に。

「客人が生まれてしまったからな。」

こっちの世界で言えば、「なくなってしまった」んだけど、あたしらからで言えば、「たった今、誕生した」ってことだ。彼女は顔をゆりに向けて、いたずらっぽく笑う。

「だから、もてなす準備をしなけりゃならないんだぞ。」

忙しい忙しいと漏らすその目は、どこか楽しげである。

「一つ言っておくけど」

傘から抜け出し、雨の中を戻ろうとする彼女に、ゆりは一言。すると、言葉を受けた牡丹は目を丸くし、「まさか」と、つぶやいた。

と。

牡丹の後ろ遠く、短筒片手に走ってくる、黄色い男率いる集団がゆりの目に映った。

「彼らは、いつも後手後手ね。」

ニヒルな笑みを浮かべたゆりは牡丹の手を強引に引き、彼らが到達する前に、闇夜へと行方をくらました。



「昨日、そこで事故ってんじゃねぇか。」

朝方の黒蝶堂。
昨夜の雨は既に止んでいるが、アスファルトは未だ冷たく湿っている。

寝癖をぞんざいに水をかけて直したはちは、寒い寒いと炬燵に入り込んだ。と、温もった炬燵の上、開かれた朝刊に掲載された、凄惨な自転車の写真に目を奪われた。

――四篠境にて交通事故

そのとき。炬燵の対角線上に在る、何かを感じ取った。
はっと顔を上げれば。

「何か?」

いつの間にか現れていた少女に、じろりと睨まれた。
交錯した視線に押し負け、

「何でもねぇよ。」

ふいと目をそらした。

「それはなにより」赤いリボンの少女は、両手を添えた湯呑みをゆっくりと運んだ。

「でも、よかったですよね。」

小さな台所から戸を開けたしろは、はちの言葉尻を継いだ。被害者のお話なんですけどねと、はちの左隣に座り、

「一時は意識不明だったみたいですけど、奇跡的に、かすり傷で済んだみたいですよ。」

急須を傾け、はちに茶を差し出した。

「こんな盛大にやっといて、かすり傷なのか?」

そうみたいですよ、ほら。彼の白い指が、紙面上をなぞる。「一時意識不明の重体・・・一命を取り留め軽傷」と、感情を介さない字面で報告がなされていた。

しろは「確実に、ツいてましたよね、彼」と、柔らかに笑った。

人知れず、わずかに口角を上げたのはゆりである。

「何が「直感」よ。やっぱり「勘」じゃないの。」

「・・・何か言ったか?」

「彼が幸運だったのは、事故が起きた場所よ。」

ゆりの言葉に自然と眉がひそまるはちである。脳内のあてを探し、眉間の皺が深くなる彼に、

「ゆっくり考えて頂戴。」

彼女は意味深げに投げかけ、冷えた指先で湯呑みを包み込んだ。

【完】


≪あとがき≫

やっとこさ小話更新できました。
前回の話でも「四篠境」を出したなぁと。

そんな話はこちら⇒黒蝶堂の年の瀬
黄色い男も登場してます。

最近、可もなく不可もない毎日を送っておるので、”ついてる”人間になりたい秋雨でした。

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました♪


スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。