スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】橙の回想【更新】

【橙の回想】

「・・・いらっしゃいませ。」

不機嫌な顔色を隠しもしない黒蝶堂堂長は、店頭に設けた特価品の並ぶワゴンの脇で、道行く人々に声をかけている。西の空は赤紫に染まり、湿度の高さは残るも、いささかの風が吹き抜ける通りは、昼間に比べればはるかに快適だ。堂長――黒川はちは少し前、「なんで、浴衣なんざ着らねぇとならねぇんだ」と、ひとりごちたことを思い出す。灰色に深い紅の差し色が入った浴衣姿の彼は、恨めしそうに向かいの弁当屋を見やる。そこには、彼の同居人が、浴衣や甚平姿の客にリンゴ飴や綿菓子を笑顔で振る舞っている姿がある。サザンカ模様のあしらわれた藍色の浴衣をまとう彼が左右に動けば、自然と目で追ってしまう。

「・・・暇だ。」


この状況には、理由がある。

向かいの弁当屋の主人は、時折黒蝶堂の若者たちの生活水準を見かねて、彼らに差し入れをすることが多々あった。今日はその礼も兼ね、同居人のしろが弁当屋の手伝いを願い出た、というわけだ。通りに面して屋台を出し、繁盛する弁当屋とは対照的に、古本屋である黒蝶堂には客が来るはずもない。今日は遙光の街の夏祭り最終日であり、カラコロと音を立てながら、櫻坂神社で行われる花火大会に向かう誰もが軽装であるから、本を買おうという奇特な人間は一人もおらず、ちらりと一瞥をくれては通り過ぎていく者ばかりである。

ならば、なぜこんな状況で、黒蝶堂が開堂しているのかというと、

――ことの次第は、今日の昼間にさかのぼる。



「今日は、外で待機して頂戴。」

棚の上の少女は堂長席にて頬杖をつく堂長に告げた。「お祭りですね!」と、夏祭りの始まる1週間前から店内を飾り付けているしろが手を止め、人差し指を立てた。「・・・待つって、何をだ?」この暑い中をか?と、あくびをかみ殺すはちが尋ねれば「花火ですよ、花火!」今日、外で待つものと言えば、それしかありませんよと、しろが騒ぐ。未来予測少女のゆりは膝の上の本を閉じ、

「来訪を待つの。それと・・・」

ふわりと床に降り立ち、「準備した衣服に着替えて頂戴」と奥間を指さしたのであった。



「・・・で、たたき売りってか。」

ゆりの指示通り、堂内から運び出したワゴンに古本を積み上げたのは夕方のことだ。並びはどうでもよいが、一番上の書物だけは指定されていたため、それを平積みにする。その表紙と著者を見、彼は顔をゆがめる。「今日みたいな日に、わざわざ買わねぇよな・・・」との、漠然と抱いたはちの懸念は現在進行形で的中し続けている。

行列が途絶え、道行く人々の姿も徐々に減ってきた。堂前に灯をともし、イスに座って、団扇で顔を扇ぐ。「本当にくるのか・・・?」はなから、ゆりの未来予測なぞ、ただの偶然だとみなし、その能力を微塵も信じていないはちにとって、来もしない客を待つのは本当に気力のいることだ。

その苦行が報われるときが来た。

はちがイスにて船をこぎだした頃、一人の男が千鳥足でフラフラと通りを横断し始めた。その危なっかしい足取りを、覚醒したはちは目を細めて観察する。紅潮している頬の原因は、右手のワンカップ瓶だろう。左手にはホオズキの実が鈴なりになった枝を握っている。店に用事があるのか、はたまた、たまたま寄りかかれるスペースがこのワゴンにあると考えついたのか、結果的に店の前で彼は倒れた。「だ、大丈夫っスか?」はちが寄れば、彼はワゴンに手をかけ、体を起こした。

「母ちゃんが好きだったんだよな、この花。」

甚平姿の彼は、カップ酒を傾け、目を更にドロンとさせると、本の表紙を覗きこんだ。「名前は知らんが」と、欠けた前歯を覗かせ笑う

「これは、絵か?随分と、はっきり見えるや。」

「・・・見ての通り、これは写真っスよ。」

はちの説明に、「色が付いてるじゃねぇか!」と、彼は驚き、目で呼吸をするように両目を見開いて、指先に力を入れた。彼の握りしめる、一冊の写真集はまさに昼間、ゆりが「一番目立つところに備えて頂戴」と指示した本そのものであるから、はちは目眩を覚える。男は懐から財布を取り出し、怪しげな手つきで中身を確認しつつ言う。

「もうすぐ帰らねぇといけないからな。」

帰りは車があるから、ここで全部使っちまうかと、彼は札束をぽんとはちに手渡した。思わぬ展開に、「は・・・え?」と、目を白黒させるはちであるが、男は意に介せず

「すっかりばばあになったのに、毎日欠かさず持ってくるし。膝も悪いのによ。」

ぷれぜんとってやつをすりゃ、少しは恩返しになるかねとはちに問うた。「・・・そりゃ、まぁ」曖昧に答えるはちに、

「アンタも、生きてる内にやっときな。」

孝行したいときに親は無し、って言ってたろ。逆だってありうるのさ。

「感謝したいときに、感謝する。今あるもんは、当たり前にあるもんじゃないって、俺は----してから、初めて気が付いたのさ。」

光が明滅し、重量が体を揺らす。男の声は、途中で遮られた。同時に空を見上げる。「でかい花だ・・・おっと、時間がねぇ。」手を挙げ、やけに姿勢良く敬礼した男は、写真集を懐に収め、色鮮やかなほおづきを手に、やはりふらつく足取りのまま、雑踏へと消えていった。

夜空に花火の広がる、黒蝶堂の屋上にて、

「・・・説教くせえ客だったな」

彼が帰った後、はちは店を閉めた。そして、屋上に上がった。そのほぼ中央に座り込むと、懐の、ずしりと重たい感覚を思いだした。

「ただいま帰還しました!」

忙しすぎて、倒れちゃうかと思っちゃいましたと、鼻歌を歌いつつ帰ってきたしろに、はちは札束を渡した。しろは「どうしたんですか、いったい!」と青い目を瞬かせ、それをじっと見つめた。そして、

「これ、”小銭”ならぬ”古銭”ですよ!」

喜々として言い放った。
漢字の見える目を持つはちは、すぐにしろの言わんとしていることがわかった。確認してみると確かに、客の払いはすべて、今はとっくに流通していない10円札によるものであった。

「大金持ちになったつもりになれましたね!」と舌を出すしろは、たこ焼きやら唐揚げやらかき氷やらを、落胆するはちの前に広げた。「・・・なんでも売ってんだな」「給料の代わりにって言って、買ってきてくれたんです」「もらったら礼にならねぇだろうが」「持ちつ持たれつですよ」「プラマイゼロを目指すべきだろうが」世話になりっぱなしだろ、と呆れるはちに、「さぁ食べましょう!」と両手を合わせたしろであった。

花火が終盤に近づいた頃、「ところで」と、しろのマシンガントークを遮って、はちは呼びかけた。視線の先には、じいと空に見入る少女が鎮座している。

「浴衣に着替えさせられた理由が、未だにわかんねぇんだが」

少女が目をはちへと移す。
光を反射して、彼女の顔色の白さが闇に浮かんだ。

「異国で同胞に巡り会うためよ。」

ゆりは続ける。

「未来は欠片の集合で積み上がるの。」

だから、貴方たちの衣服でさえも、彼に会うための重要な欠片だったということ。「わかったかしら」と平坦に告げるゆりに、

「・・・謎が、深まったんだが。」

僕は少しはわかりましたよと胸を張るしろの横で、寝転がり、光の大輪を全身で感じるはちは、

「・・・わかんねぇことばっかりだっての」

ため息とともに、本心を空へと吐き出した。
空には大輪が咲き、光の粒となって消えた。

【了】

スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。