スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】蒼色の特効薬【更新】

【蒼色の特効薬】

右往左往する姿が見えたものだから、表を掃除するため箒片手、通りにいたしろは「探し物ですか?」と声をかけた。

「そうだ」

男は答えるとすぐ、しろの横を通って堂に踏み入った。

「ここに来るのは初めてですよね?」

記憶力のよいしろであるが、彼の顔は見覚えがなかった。だが、返ってきたのは「昨日も、おとといも来た」と、の答えであった。
しろは記憶をたどる。昨日は堂長席で、黒蝶堂の堂長である黒川はちが船をこいでいたところを、黒蝶堂の憑者と名乗る少女・ゆりが、彼に対し冷え冷えとした鉄の制裁を与え、その後の彼の見張り役を任じられていたし、おとといは空腹を紛らわそうと、料理の本を片端から視野の範囲外にどかすという仕事を堂内から一歩もでず、1日がかりで行った。
だから、両日とも、客は一人もなかったことは確かだ。黒蝶堂では、1、2週間客が来なくとも、珍しくもなんともない。現に黒川はちは、あまりの閑散っぷりに、今日は朝から堂長席をからにしている。

「具合でも悪いんですか?」

「本当は治したくないんだ。」

彼は言う。
体は健康、仕事は順調、人間関係も何一つ問題ない。
問題ないから、この店に来る理由もない、と。

「本当に、元気ですか?」

しろの問いには訳がある。肩をふるわせる客の顔色が、どんどん白くなっているからだ。

「元気が、あふれている。」

張りのない声に、ふと、しろは投げてみる。

「これは、大したことなさそうですね。」

「わかってくれても、全然嬉しくない。」

跳ね返った答えが、しろの頭上に、豆電球の灯りを点した。人差し指を宙に舞わせ、碧眼の焦点を彼の目に絞って問う。

「貴方は、もしかして天の邪鬼ですか?」

「そうだ、私は、本当の事しか言えない。」

しろは眼を大きくし、ずびしと指を鼻先に突きつけて言い放つ。

「わかっちゃいましたよ、貴方の正体。」

「私の事は、放っておいてほしい。」

請願する瞳で、彼は言った。彼は間違いなく、僕に助けを求めている!
しろは駆け出したい気持ちでいっぱいになった。



それから数分後、堂長はジャージ姿で黒蝶堂に戻ってきた。彼の手には、屋上の菜園で収穫したばかりの、数々の野菜が盛られた駕篭がある。しろと夕食の相談をしようとしていたはちは客の姿を認め、「あ、すんません」と、駕篭を奥間にしまい、服を着替えて堂内に入った。堂長席に座るはちに、

「おいしそうでしたね」

客と会話を楽しんでいたしろが屈託なく投げかける。すると、隣の男が

「まずそうだった」

無表情の顔をそむけて、小さく吐き捨てた。
堂長席の育て人の額に、青筋が走った。

「まず、え?」

菜園の管理人が問い返せば、しろと男は同じ事を繰り返した。

数秒の沈黙が、周囲を覆い尽くした。口を開けたのは、冷静さを取り繕いすぎて無感動になった堂長である。

「・・・本を買いにきたんスか?」

「そうだよ」

「この本とか、どうっスか?」

彼はちょうど、堂長席に置かれていた本を手に取り、相手に渡した。昨日の片づけの結果、分類を間違えていた書物だ。タイトルこそ、表紙に大きく書かれているものの、一枚めくると、文字がゴマ粒ほどの大きさで、上下に二段書きとなっているうえに、非常に重量感がある。これで小突いたら倒れたんですと説明しても、誰の同情も買えなさそうな凶器である。

客は言う。

「すごく字が大きくて、よみやすそうだ。」

どこらへんが、だ?はちは問いかけそうになる口をもごもごとさせ、気持ちを紛らわした。

「・・・ありがとうございます。」

だが彼は、いつまでたっても会計をしようとするそぶりを見せない。「あの、ほかにもみたいもんがあるんスか?」と、はちが問えば、男ははっと我に返る。そして、

「こんなに居心地のいい本屋だから、さぞやお客様受けもよろしいのでしょうね!」

と、ごまをすりつつ、まぶしい笑顔を浮かべて声を弾ませた。

「・・・あの、どうかしたんスか?」

突然の豹変ぶりとあさっての方向すぎる褒め言葉…というよりも、皮肉としか捉えようのない彼の発言に、怒るよりも、あっけにとられたはちへ「思ったまでを述べただけですよ。」と、客は、店の空気を思い切り吸い込む。湿気と本と時間とが発酵していそうな、ほこりっぽい空気を、胸一杯におさめ、

「いやあ、本当にすばらしいお店だ、本当に。」

財布を取りだして、言われるがままの代金を支払った。



客が帰り、しろははちに客とのやりとりを一言一句漏らさず、忠実に実演して見せた。感想を求められたはちは、

「・・・一つも会話が成立してねぇじゃねぇか。」

ひじをつき、ため息をはいた。

「僕思うんですけど、あの方、嘘しか言えないんですよ。」

「・・・嘘?」

「天の邪鬼でないなら、一種の”職業病”かもしれません」しろの指摘に、「そんな病気なんざ、聞いたことがねぇよ。第一、うちは病院じゃなくて本屋だっての。仮にそうだとしても、精神病だか神経衰弱か知らねぇが、うちには来ねぇだろ」はちは、まずそうだと言われたことを根に持って、

「あの本が気に入ったに違いねぇよ。」

眉をひそめ、唇をわずかにとがらせた。
まもなく、しろの無言と非難するかのような瞳に耐えきれず、「・・・ま、客に変わりはねぇんだがな」と、いつもの調子に戻り、「本を買ってくれるなら、またきてくれりゃいいんだけどな」と肩を竦めた。



後日、黒蝶堂の前を右往左往する男がいた。彼に声をかけたしろは、「また来てくれたんですね!」と表情をほころばせた。「この間は、いらないと思ったんだけど」脇に抱えた鞄から、一冊の本を取りだした。「いいたいことをいいたいときにいいたいだけいうための本」という、HOW TO本らしいタイトルの付いた、しかし、ある学者の、長年の研究をまとめた書物には、たくさんの付箋が挟み込まれていた。

「少し高くついたけど、私は私に戻れそうだ。」

「それは、嘘じゃないんですよね?」

しろが小首を傾げれば、彼はさわやかに

「今の私なら、黒蝶堂での深呼吸は遠慮するだろう」

あれから喉を痛めたようで風邪を引いて入院して、それをきっかけに仕事を辞めたんだと、冗談混じりに咳払いをして見せた。

「また何かあったら、お世話になるよ。」

そのときに、堂長さんに非礼をわびたい。彼はそう言うと、「仕事を見つけるんだ」と言って、アーケードを目指して足を踏み出した。


【了】
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。