【小話】うらがえしのしかえし【更新】

夕食の時刻は、人間たちの都合に関係なく訪れる。

本日の食卓に並ぶのは、白米と3人分の箸だけだ。

真ん中には、絵の描かれた名刺サイズのパネルが数枚重ねられている。そして、その絵の主のしろは、先ほどから無言の紙芝居を続けている。手には実寸大のおかずの絵画が、写真と見まがうほど立体的に描かれていて、次々とめくられては、箸を伸ばしそうになる程に食欲をそそられる。

だが、それは叶わない。
現在進行形で、しろとは喧嘩をしているからだ。

冷戦が始まり数分後、痺れた足裏がなにかしらの角でおさえられた。うめき声が喉奥から漏れるが、下手人はこちらの異常事態には目もくれない。足裏を押さえていた書物を顔の横に寄せ、片側の頬を隠すようにして彼女は耳打ちしてきた。

「仲直りして頂戴。」

「・・・なんでオレが。」

「不穏な未来しか、到来しないわ。」

「・・・不穏って、具体的にはなんだ?」

少女は、じっと目を凝らす。その瞳が、赤く染まっている。

「お米が紙粘土、おかずが絵の具、お箸が絵筆になる未来よ。」

未来予測なんざ、存在するはずがねぇ。
そう心で唱えるが、その予測された未来は、この同居人ならやってのけるレベルの挙動だ。これまでの経験則が、その可能性を否定しきれないでいる。

口の中で、言葉がぐるぐると渦を巻く。思考が深まるにつれ、舌先が乾いてくる。
そして、

「・・・しろ、オレが悪かった。」

最低限の唇の動きで、降参の意を示した。無言でイラストをめくる白い彼に声をかけると、彼の青い瞳がきらりと光った。彼は最後のパネルを左にずらし、ゆっくりと床に置いた。

まるで手品のようだ。

裏返したパネルから、温かな湯気の立つ、3人前の鳥の唐揚げが盛られた白いプレートが出現したのだ。

「わかればよいのですよ、はち。」

にこりと笑ったしろは、付け合わせの野菜の皿を付け加え、あっという間に立派な食卓を作り上げた。

【了】


スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中