スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】黒蝶堂の年末【更新】

「本を買い取ってほしい。定価以上に。」

古書店では、たとえば絶版、たとえば出版禁止など、本としての憂き目にあった条件の書物を持ち込まれた場合、それを付加価値として評価し、相応の対価を払って、書棚に並べることがある。とある古書店店主は、その類の書籍を目の当たりにすると、目を輝かせ、涎を光らせ、恍惚の表情を浮かべることさえあるらしい。ところで、歴史は古いが、店主が代替わりしたばかりの古書店ではどうだろうか。これは、そんな古書店・黒蝶堂での話である。

「・・・定価以上に、ねぇ。」

持ち込み早々客から請願されると、身構えるなと言う方が無理な話だと、黒川はちは内心ため息をついた。自分は未だ、駆け出しも駆け出しの古書店店主で、古書に関する知識はおろか、文芸作品にもさしたる興味を示せない。そんな自分が黒蝶堂の堂長を担当しているなんざ、3年前の自分なら想像すらできなかっただろう。はちは自嘲気味に、客には知れない程度に口角をあげた。
彼は、「とりあえず、持ち込みの書物を堂長席に広げてみてほしい」と、客に依頼した。

一冊ごとに落丁や、汚れ具合、出版年月日等々をあらためる。なるほどな、とはちは息を抜いた。”想定通り”、高価な物はない。堂長の一挙手一投足に息をのむ客を後目に、はちは堂長席の引き出しを開け、ペンを走らせた。一つ注釈を加えるとするならば、"ペンはページを走っていない"。それでもそのページを、興味深げかつ不安げな瞳で見つめていた客の眼に示し、

「・・・うちでできるのは、これくらいっスかね?」と、一冊ごとの買い取り価格と合計金額を伝えた。

まもなく堂長席の古びたレジスターが、ぎぎぎと音を鳴らした。

「これで、お正月が迎えられるよ。」

客はふくらんだ封筒をジャンパーの内ポケットにしまいこみ、深呼吸をして、「ありがとうございました!」と頭を下げて、黒蝶堂を後にした。
その後ろ姿を見送ったはちは、慣れない愛想笑いをやめ、

「・・・うちは慈善事業じゃねぇぞ?」

と、眉根を寄せ、椅子に深々と沈んだ。

「貴方に、言われるまでもないわ。」

彼のぼやきに応じたのは、書棚上の少女・ゆりである。「黒蝶堂の憑者」を名乗り、店に居着いている幼い外見の彼女が、実質的な黒蝶堂の指導者、と言っても過言ではない。書棚の上で分厚い書物を繰っては、重たそうな睫をはためかせる。かの客が来るのは、彼女の予測通りで、すなわち、はちは事前に知っていた。何をか?”すべてを”だ。客の来堂時刻も、持ち込んだ書籍のタイトルも、冊数も、痛み具合も、客の発言さえ、すべてを知っていた。彼女の能力のおかげで、レジスターに入れておくべき札束の量も把握が可能であったのだ。それでもはちは、彼女の”未来予測”とも言うべき能力を疑っている。こんなことがあるはずがないと、いくども思い、心で強く否定している。

再度、黒蝶堂の扉が開いた。厳冬のすさぶ風が、堂内を駆けていく。

「ご機嫌な人とすれ違っちゃいました!」

まさに人生の春!って感じでスキップしてましたよと堂に入ってきたのは、黒川はちの同居人である氷山しろである。

「・・・こっちは家計が冬だってのに。お気楽なもんだな。」

年の瀬だってのに、年が越せるのかって不安になってきたなと、はちは肩をすくめた。

「もしかしたら、お返しがあるかもですよ。」

しろは、右手の人差し指を立て、青い瞳を細めた。

「ほら、猿蟹合戦みたいな!」

「・・・そりゃ、かさ地蔵だろ。」

逆襲されてたまるかっての。それに、この資本主義の世界で、金と商品の取引でけりがついたんだから、更にお返ししてもらえるなんざ、そんなうまい話があるわけがねぇだろと、はちは矢継ぎ早に、しろの気楽すぎる願望じみた妄想を否定した。対するしろは、両腕に下げた大量の正月料理用の材料を「安く手に入りましたから!」と見せびらかしながら、

「うちには、未来予測のゆりちゃんがいるんですよ。」

と、期待を込めた瞳で書棚の上を見つめた。
すると見つめられた彼女は書棚の上からふわりと床に降り立った。猫のような瞳をわずかに細め、彼ら人間たちを見渡し、

「貴方たちの、今年の行い次第ね。」

と、堂長席に置かれた、買い取ったばかりの書物を手に取った。

【了】


スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。