スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】思い出したのは【更新】

「忘れていることが、ありませんか?」

堂長席にて数十年前の月刊釣り雑誌をめくっていたはちに、キラキラした瞳が問いかけた。晴れた日の海面を思い出させるその色に、

「・・・忘れていることを覚えていたら、忘れてるって事実に矛盾するだろうが。」

と、片肘を机に突き、その上に顎を乗せて応じた。
すると、

「理屈が上手になったわね。」

書棚の上から声が落ちた。「堂長たるもの、自分に正直に生きるがふさわしいわ」との言葉に次いで舞い降りてきた少女は、「それで、思い出せたのかしら?」と白い青年と同じくはちに問うた。羽ばたく蝶蝶を思い出させる睫が揺らぐ。

「・・・てめぇら揃って、いったい何の話をしてるんだ?」

首をひねり、何か忘れていた重要な事態があっただろうかと、はちはカレンダーに目をやった。白い。「余白に予定が書けるんですよ」と、得意満面で年末、配りにきた女性に申し訳がないほどに、白い。旧暦の日付も、祝日にちなんだイラストも、今年が旧年号の何年にあたるかまでも書かれている、立派なものだから、余白が余白としてしか使われていない現状に、一層申し訳なく感じる。
しろが「やっぱり」と小声で頷き、ゆりが首を左右に振る。

「自力で思い出してもらいたいところです。」

しろが笑えば、

「・・・なら、急を要することじゃねぇんだな。」

はちが肩を竦め、

「貴方にしては随分と勘が冴えているわね。」

ゆりが瞳を細める。

はちは記憶をたどる。最近の話か、もしくは、過去の話か。記念日のようなものを覚えるのは、得意ではないのだがと後頭部を掻く。記憶ならば、蘇ってくるかも知れない。

しろに向き合い、眉間のしわを寄せる。

「・・・お前が教室でいじめられているところを、オレが助けた日か。」

「ぶぶーハズレです!あれは、春うららかな暖かい日のことですよ。」

当てずっぽうだと何発撃っても当たらないですよと、しろは人差し指を立てた。戦略が読まれていると悟ったはちは、深い深いため息を吐いた。

【了】


スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
人間と憑者のライトホラー物語。

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

メニュー
twitter
    更新情報配信中
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。