スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小話】本心と涙の話【更新】

「・・・欲しいモンを言ってもらえば準備するぜ?」

「だって、本当のことを言おうとすると、涙が出るんだ。」

「それは大変です!今すぐ僕の料理を食べて下さいね!」

なぜか、その日の昼食には客人の彼女を招待した。今日の献立は、しろの手打ちうどんだ。彼いわく、粉から作った方が完成品をゆでるだけよりも安上がり、らしい。経費の本当のところはよくわからないが。
あっという間にたいらげた彼女は、手を合わせ、

「ごちそうさまでした!」

来堂したときの青白い顔からは想像だにできなかった笑顔を弾けさせた。

「・・・で、欲しいモンはわかったのか?」

投げかけた問いに彼女はお茶をあおり、深呼吸を一つして、

「本当のことを言うのは勇気が必要だけど、言います。」

私が欲しいものは・・・



彼女の答えに、オレは向かいの弁当屋を指さした。



過ぎ去った後ろ姿に、呟かざるをえない。

「・・・まだ食うのかよ。」

「心は満たされたみたいでよかったですね。」

「正直が一番ですよ」と、にこにこする隣人に、オレはため息で応じてやった。

「・・・お前って本当に、イイ意味で前向きだよな。」

【了】


スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

説明

秋雨

Author:秋雨
ランキング参加中


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング!
人間と憑者のライトホラー物語。

黒蝶堂本堂は こちら

現実世界その他諸々の事象とは、一切関係ありません。著作権は放棄していません。なにかありましたら拍手からお願いします。

【管理人】

秋雨。成人済。

【主な登場者紹介】

黒川 はち

古書店黒蝶堂堂長。
気苦労の絶えない受難者。

氷山 しろ

黒蝶堂副長。
電波的言動の目立つ青年。

ゆり

黒蝶堂憑者。
冷静沈着な少女。

深見ヶ原 牡丹

深見ヶ原墓地憑者。
猪突猛進イノシシ娘。

カコ

川辺の憑者。
人間嫌いで鬼桐の部下。

鬼桐

煙草が手放せない隊長。
熱くなると誰にも止められない。

黒川 伊織

はちの祖父で先代堂長。
3年前に他界。

来訪者数
メニュー
更新記事
twitter
    更新情報配信中
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請

    この人とブロともになる

    検索
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。